株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

一軒家の鍵を指紋認証式にするメリットとデメリット

指紋認証が反応しない場合も

 最近一軒家の玄関の鍵として、指紋認証を導入する家庭も増加傾向となっています。鍵を持ち歩く必要がなく、自分の指紋でドアの開け閉めをするのでセキュリティー面でも安心なのが導入されている理由です。しかし指紋認証を導入したことで、いろいろなトラブルに悩まされるケースも出てきています。メリットだけでなくデメリットも知った上で、採用するかどうかを慎重に検討すべきです。

 一番困ってしまうトラブルとして、認証してもらえないというケースがあります。認証をクリアできなければ扉を開けることができず、家の中に入れなくなります。特に注意しなければならないのは、一人暮らしの世帯です。一人暮らしであれば、自分の指しか登録していないケースもあるでしょう。例えば高齢者の自分の親が一人暮らしをしていて、突然連絡が取れなくなってしまうこともあり得ます。その場合、自宅の中で何らかの事故が発生したか、突発的な病気で倒れてしまった可能性が考えられます。このような緊急事態でも、別居している家族の指紋を登録していなければ、家の中に入れません。病気の症状の中には、一刻を争うようなものもありますが、その時指紋錠の登録内容が原因で初期対応できなくなってしまう場合もあります。

 一人暮らしをしている方は、自分にもしものことがあったときの対策を講じておきましょう。他の別居している家族や親戚に指紋登録してもらうように登録をお願いすることも一考に値します。万が一の時、身内が駆けつけた際に開錠できるようにしておくことが大切です


女性と子供は反応しにくい傾向がある

 一軒家の玄関の鍵を指紋認証にすることで、反応せずに開閉できなくなるトラブルがしばしば報告されています。反応しない症状はいくつか見られますが、一般的に女性と子供は反応しにくい傾向にあると言われています。女性の場合、家事をしている方が多い傾向となっていて、食器などの水洗いを毎日行っていると、手が荒れてしまうことも少なくありません。そのため、指紋がはっきり認証できないケースがよくあります。もし女性の方でドアが開錠しなければ、少し強く指を押し付けてみましょう。指紋が薄くなっているので、強く押し込むことで認識してくれることもあります。手荒れがひどく指紋が認識しにくい方の場合、小指で登録する方法も有効です。小指は普段あまり使わないので、指紋の残っている可能性が高いです。

 若い女性の中にはネイルサロンに通っている方もいるでしょう。その中で、長めのネイルを付けている人は注意が必要です。ネイルが長いと認証の機械に指が入らず、開錠できなくなることがあります。もし心当たりがあれば、指認証の導入を見直すか、自分の爪の長さに合わせたネイルを取り付けるなどの対策が必要です。

 子供の場合、成長によって認識されなくなる恐れがあります。成長すると、指の大きさも変わってきます。すると登録をやり直す必要があり、成長して認証ができなくなるごとに登録のやり直しを繰り返さなければなりません。特に中高生は成長期に差し掛かっているので、どんどん体が変化します。すると頻繁に登録のやり直しをすることになります。


鍵が開かなかった場合の対処法


 一軒家の扉を指紋認証にしたけれども認証してくれず、玄関のドアが開かなかったらどうすればいいかという不安を抱える人もいるでしょう。認証エラーが発生した場合のことはもちろんメーカー側も想定しています。一般的に指紋を認識してくれない時に使用する鍵がありますので、これで開けるという方式をとっています。しかしこれだと、指紋認証のメリットが半減してしまいます。指紋認証は、指紋でしか開錠できないことで、セキュリティーが保証されています。ところが鍵でも開け閉めできるとなると、従来の空き巣被害に遭うリスクが出てきます。鍵穴があるわけですから、ピッキングをされて開錠されてしまう恐れがあります。

 また指紋認証のメリットとして、鍵を紛失する心配がないというものもあります。しかし認証できなかった時のために鍵を渡されて、外出する際には携帯するとします。もしどこかで落としてしまった場合、結局扉を開けられなくなって、専門業者を呼んで作業をお願いすることになります。このようにもともとの利点が相殺されてしまうので、わざわざ導入する必要があるのか、という疑問が生じてきます。

 一方で鍵ではなく、暗証番号で開錠できるシステムのキーレスシステムも存在します。あらかじめ自分で考えた暗証番号を登録しておき、認証エラーの発生した際にはこの番号を入力してロックを解除します。これなら鍵を持ち歩いてなくす心配はありませんし、ピッキングなどで自宅の中に侵入される心配もなくなります。

 このように指紋認証システムを導入するとメリットが期待できる半面、トラブルの発生する恐れがあります。キーレスの錠は他にもいくつか種類があるので、どれが自分たちにとって適切か慎重に検討しましょう

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19