株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

チェーンロックの防犯性

自転車やバイクの防犯対策として、最も有効かつやりやすいのは、鍵を増やすことです。
「うちの地域は安全だから」と思い込まずに、チェーンロックなどの鍵を追加したり、安全な駐輪場所を選ぶなどして、盗まれる可能性を下げましょう。


自転車泥棒は鍵のあり・なしを選ばない

神奈川県警によると、盗難自転車のうち、鍵をかけていなかった自転車は6割。
鍵がかかっていた自転車は4割と大きな違いはないという結果が出ています。
[注1]
ただし、泥棒は基本的に「手早く盗んで、さっさと逃げてしまいたい」と考えていますから、盗むのに時間がかかるような自転車・バイクは盗まれにくくなります。

具体的には、2つ以上の鍵をつけている場合や、頑丈な鍵をつけている場合、人目が多い場所に停めている場合は、ターゲットから外れる可能性が高くなります。


2つ以上のロックが基本

自転車やバイク本体にも鍵はついていますが、この鍵はそれほど頑丈なものではありません。
泥棒からすると、簡単に破壊できるため、本体の鍵しかないものは最もターゲットにしやすい獲物です。
まずは本体以外にひとつ、鍵を追加しましょう。


チェーンロックは手軽で便利

最も種類が多く、手軽に買える鍵の一つがチェーンロック。
鎖にダイヤル式の鍵がついていたり、キーで開閉するタイプのものです。
キータイプの場合は、キーを紛失してしまったときに破壊するしかなくなるため、ダイヤル式の人気が高まっています。


「ロックしているから安全」ではない

しかし、鍵を増やしたからといって、絶対に盗まれないという保証はありません。
ロックにも様々な種類があり、中には防犯性が高いとはいえないものもあるからです。
やはり、安価なものは壊されやすく、盗難防止の面から見ると少々心もとないところがあります。

ホームセンターやスポーツショップ、大手通販サイトなどで、よりしっかりした作りの鍵を買いましょう。


より安全性の高いタイプを使う

チェーンロックにも、ピンからキリまでいろいろなタイプがあります。
安価なものは鎖が露出同然になっていることもあり、安全性だけでなく錆などに対する耐久性の面でも、少々問題です。
同じチェーンロックでも、チェーンの周りにカバーがついているものなど、より長く使えるタイプを選びましょう。


U字ロックやワイヤーロックを使う

商品によりますが、チェーンロックよりもU字ロックやワイヤーロックのほうが、ほとんどの場合頑丈にできています。
特に二重・三重にロックする場合は、これらの使用も考えておきましょう。

U字ロックは、その名の通りU字型の金属に鍵がついているものです。
他の鍵よりも重いものの、頑丈で、盗難防止には心強いでしょう。

ワイヤーロックは、チェーンロックに近い形状で、より頑丈なタイプの鍵です。
U字ロックよりも軽いため、アウトドアを楽しむロードバイカーにも愛用者が多いようです。
柔軟性の高いワイヤーの周りにカバーがついており、錆に強いのもメリット。

好みや予算に合わせて、いくつかの鍵を組み合わせるといいでしょう。


チェーンロックの他に、どんな防犯対策をすればいいのか?

鍵を増やすのは基本的な防犯対策ですが、それだけでは充分といいきれません。
では、どのような対策をすれば、自転車やバイクをより確実に守ることができるのでしょうか?
自転車防犯登録を必ずしておく
自転車を買うときに行う、自転車防犯登録。
うっかり忘れてしまうと、盗まれたときに「この自転車は自分のものです」という証明ができなくなってしまいます。
防犯登録をしただけで絶対に盗まれない、ということはないものの、「盗まれた後、きちんと取り戻す」ために、きちんと行っておきましょう。

また、盗まれてしまったとき、登録や事前の防犯対策をきちんとしていれば、正当な持ち主であるという信憑性が高まります。


地域の防犯情報をこまめにチェックする

時には、地域の警察署や自治会などの張り紙に注目してみましょう。
自転車盗難に限らず、どのポイントで犯罪が起きていたか、対策としてどのようなポイントがあるか、わかりやすく書かれていることがあります。
地域で出しているものなので、情報の新しさや正確性も保証されていると考えていいでしょう。
引っ越しを考えているなら、事前に候補物件周囲のそういった情報を見ておくことによって、より安全な場所を選ぶことができます。


整備されている駐輪場を使う

現在の駐輪場はまさにピンからキリまでといったところで、同じエリアでも場所ごとにかなり差があります。
より安全に駐輪するには、管理人が常駐しているところや、料金を払うまでしっかりロックがかかるところなどを選ぶようにしましょう。

昼間は管理人がいる駐輪場でも、夜間は無人になることも多いので、機械でロックがかかるところのほうがより安心です。


盗難に遭わないために、二重・三重の対策をしよう

日常生活でも、レジャーでも欠かせない自転車やバイク。
盗まれるといろいろなところで不便になってしまいますし、買い直す手間やお金も馬鹿になりません。
日頃から盗まれないように、対策を複数重ねて備えましょう。

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19