株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

女性の一人暮らしにおすすめの鍵は?

楽しく一人暮らしをするために、まずは安心できる鍵を
では、一人暮らしの女性が犯罪の被害に遭わないためには、具体的にどんな対策をすればいいのでしょうか。


 

基本の基本、玄関の鍵
まず第一に、玄関の鍵をしっかりかける・かけたことを確認する癖をつけましょう。
住んでいる地域によっては「鍵なんてかけたことない」という人もいますが、一人暮らしの場合、鍵のかけ忘れは厳禁です。

特に女性の場合、家族と暮らしていても「すぐそこまでだから」と鍵をかけない人が多い傾向にあります。
しかし、犯罪者はいつどんな隙をついてくるかわかりません
まずは「外出=施錠」という概念を身に着けましょう。

引っ越しをしたら、まず鍵を安全性の高いものに交換
不動産屋によっては、引っ越しをする前に鍵の種類を選べるところがあります。
物件を紹介してもらうとき、その建物や物件にどんな鍵があるか、あるいはどんなものに交換できるか、しっかり確認しておきましょう。

鍵のタイプによる防犯性の違い
入居したときの鍵に不安がある場合や、確実に防犯性を高めたいなら、後から鍵を違うタイプに交換してしまうのも一案です。
では、どんな種類の鍵にすれば、より安全なのでしょうか。

シリンダーキー
一般的に「鍵」といえばこのタイプです。
差し込むほうの鍵がギザギザしているもので、形状・構造による差はあるが最も普及しており、合鍵が作りやすいのもメリットのひとつ。

ただし、普及しているだけに、泥棒からすると一番壊しやすい鍵でもあります。
シリンダーキーの部屋の場合は、玄関のU字ロックやドアチェーンの併用を常に意識する、補助鍵をつける、などを心がけましょう。

ディンプルキー
近年「防犯性の高い鍵」として需要が高まってきたタイプです。
鍵にギザギザがなく、円形のへこみが複数ついています。
シリンダーキーよりも、ピッキングに強いのが最大の特徴です。
その分、構造が複雑になっているため、鍵交換費用が少し高額になることがあります。

カードキー
オフィス等でよく使われる、磁気カードを差し込むタイプの鍵です。
対応している物件はまだ多くないものの、交換費用はシリンダーキーと大きく変わりません。
カードの破損や磁気不良などに気をつけて使いましょう。

スマートロックの併用も考えよう
最近では、スマホで操作できる補助鍵「スマートロック」も種類が増えてきています。
電池の管理や動作確認などの前準備が必要なものの、あると心強くなるアイテムです。
動作確認をするときは、万が一のことも考え、家族や友人などに室内にい協力してもらいましょう。


 

玄関以外で注意すべきポイント
玄関以外にも、一人暮らしの女性が特に気をつけるべきポイントが複数あります。

ベランダや大きな窓の鍵も要注意
泥棒の侵入経路としては、玄関の他にベランダや大きな窓が挙げられます。
夏場や長時間にわたって換気をするときは、大きく窓を開けたくなる人も多いですが、その後は必ずしっかりと鍵を締めましょう。

2階以上に住んでいる場合も、「こんなところから入ってこられないから」と油断して、窓を開けたまま寝てしまうことがないように気をつけてください。
特に暑い時期は要注意です。

侵入されなくても、犯罪に遭う可能性はある
「一人暮らしで犯罪に巻き込まれる」というと、多くの方は見知らぬ人に侵入されることを連想するでしょう。
しかし、部屋の中に入ってこられなかったとしても、犯罪に遭うことはあります。

盗撮や盗聴は、侵入されなくても被害に遭うことがありえる、代表的な例です。
最悪の場合、入居する前から仕掛けられていることもあります。
警察は盗聴器やカメラの捜索まではしてくれませんので、「盗聴・盗撮されているかも」と思った場合は、専門業者や興信所に相談し、証拠を揃えてから警察へ相談してください

オートロックの建物でも油断しない
近年増えてきているオートロックつきのマンションは、一人暮らしの女性に大変人気があります。
しかし、エントランスで女性の背後から一緒に入ってくる犯罪者が後を絶ちません。
オートロックを通るときは、見知らぬ人と一緒にならないように気をつけましょう。


 

「自分は大丈夫」と思わず防犯意識を高めようより安全なタイプの鍵に交換すること、鍵を増やすこと、部屋全体の窓を警戒することが防犯の第一歩。
しかし、安全な鍵に交換しても、鍵をかけ忘れたり、「ちょっとの間だから、鍵をかけなくても大丈夫」と思い込んでしまうのは大変危険です。

出かける前・帰ってきた後・就寝前など、無防備になりやすいタイミングで、施錠したかどうかを確認する癖を早めにつけておきましょう。
また、帰り道はできるだけ人通りの多い道を選ぶ、予定のない訪問者には応じない、なども防犯対策の代表例です。

自然に防犯対策ができるよう、一人暮らしを始める時点から意識しておきましょう。

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19