株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

鍵の抜き忘れ防止法はこれ!

家や車・バイクなどの鍵の抜き忘れには、大きなリスクがつきまといます。

もし家の鍵を盗まれてしまったら、自宅に侵入されてしまうおそれがありますよね。
また、自動車の盗難事件の認知件数のうち、鍵がメインスイッチに差し込まれていた、または周辺に置きっぱなしにされていた場合の件数は全体の24~28%で推移しているそうです。
[注1]

おそろしい被害に遭わないためにも、今回は鍵の抜き忘れを防ぐのに役立つおすすめのアイテム&グッズをピックアップしてみました。

[注1]警察庁:平成28年の犯罪情勢
https://www.npa.go.jp/toukei/seianki/h28hanzaizyousei.pdf

・鍵を抜き忘れない方法1:鍵を身に着ける

抜き忘れや置き忘れ防止のために鍵をキーホルダーやキーケースにつけているという人は多いと思いますが、鍵を差している間は体から離れてしまうので、あまり効果的な防止策とはいえません。

鍵を抜き忘れないようにするためには、鍵を身につけることがポイント。
そこでおすすめなのが、衣類につけられるキーホルダーやキーケースを利用することです。

よくあるタイプは伸縮性のあるコード付きのもので、鍵を使う時はベルトなどにつけたままコードを延ばして鍵穴に差し込むことができます。
ただ、必ずしもベルトのある服を着ているとは限りませんので、バッグなどに装着できるタイプのものを探してみるとよいでしょう。

他にもネックストラップに鍵をつける方法がありますが、見た目に目立ちやすいので、外観を気にする方はキーホルダーかキーケースの利用がおすすめです。

・鍵を抜き忘れない方法2:アラーム機能タイプなど専用アイテムを使用する

鍵の抜き忘れを防ぐための専用アイテムを使用する方法もあります。

たとえば、親機と子機にわかれていて、お互いの距離が一定数離れるとアラームが鳴るタイプ。
子機に鍵をつけておいて、親機をバッグなどに入れておけば、鍵を抜き忘れたまま立ち去ろうとしても、親機がアラームで知らせてくれます。

製品によっては作動距離を短距離~長距離に切り替えることができるので、用途に合わせて調整できるのもポイントです。

また、単なる抜き忘れだけでなく、鍵の盗難防止にも役立ちますよ。

親機は子機より一回りサイズが大きいものが多いのですが、それでも手のひらにすっぽりおさまるほどコンパクトなものがほとんどなので、キーケースやキーホルダーを身につけるのはちょっと…という方にもおすすめです。

・鍵を抜き忘れない方法3:スマートロックの導入

こちらは自宅の鍵限定の方法となりますが、スマホを鍵代わりに使用するスマートロックを導入するという手もあります。

スマートロックとスマホはBluetoothで通信できる仕組みになっており、アプリをインストールした状態でスマートロックに近づくと自動的に相互認証が行われ、鍵を解錠することができます。

スマートロックの場合、もともと「鍵を差す」という概念がないので抜き忘れが起こる心配はなし。
ちなみにドアを閉じた後は一定時間が経過すると自動的にロックがかかるようになっているので、鍵をかけ忘れても安心です。

また、スマホは肌身離さず持っているという方が多いので、単に鍵を持ち歩くだけより置き忘れなどのリスクも少なくなるでしょう。
鍵の抜き忘れだけでなく、かけ忘れや置き忘れなども予防できる一石二鳥の防止策となっています。

・自分に合った防止策で鍵の抜き忘れを防ごう!

どこかで鍵を紛失しただけの場合は、何の鍵なのかがわからないため被害にはつながりにくいかもしれません。
しかし、鍵の抜き忘れの場合は、当の自宅の玄関や車に差してあるのでどこの鍵なのか一目瞭然。
そのまま抜き取られて合鍵を作られ、後日留守中を狙って堂々と空き巣に入られるなんてことも…。

今回ご紹介したとおり、鍵の抜き忘れを防ぐ方法は身につけるタイプのものからスマホを活用したものまでいろいろあります。
どの方法を選ぶかは好みやライフスタイルによって異なりますので、自分に合った方法で鍵の抜き忘れを防ぎましょう。
専門業者に相談すれば、詳しい情報を教えてもらえますよ。

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19