株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

鍵をなくしたときの対処法

鍵をなくしてしまった場合、まずは家の中でなくしがちな場所を探してみて、見つからなければ警察へ連絡しましょう。

どうしても見当たらなければ、鍵の交換や補助錠の追加が必要となります。

ここでは鍵をなくした場合はどうすればいいのか、その手順をご説明します。

 

1.まずは家の中でなくしがちな場所を探してみる

鍵をなくした場合、まずは家の中で「鍵をなくしがちな場所」を探してみましょう。

 

*玄関扉

まず確認したい場所です。手荷物が多い時などは、玄関扉に鍵をさしたままで家に入り、しばらくそれに気づかず後から「鍵をなくした!」と思いこんでしまうことがあります。

 

*下駄箱の上や玄関の床

こちらも行き帰りに鍵を置きやすい、落としやすいポイントです。

 

*トイレ・服やバッグの中など

うっかりポケットから落ちやすい場所でもあります。バッグはポケットだけでなく、荷物の隙間までくまなく探してみましょう。

 

2.家の中で見つからなければ警察に連絡する

家の中をざっと探してもなくした鍵が見つからなかった場合は、外も探すことになります。その際は真っ先に最寄りの交番に行くなどして、鍵の紛失を届け出ておきましょう。

 

警察側で遺失物の検索をしてくれますし、まだ届いていない場合にも届き次第連絡をもらえます。

 

また、家の鍵ではなく会社の鍵をなくした場合は、会社にも速やかに申告しましょう。

 

3.外で心当たりの場所を探してみる

「家の中では見つからず、警察に届け出た」という状態になったら、外での心当たりを探してみましょう。

 

玄関を出て数メートル範囲の路上

*立ち寄った店

*外で利用したトイレ

*職場

*駐輪場や駐車場

*車のシートの下

*ゴミ捨て場の周り

*駅の改札口周辺

 

などが、見つかりやすいポイントです。

 

なお、SNSなどで「鍵をなくしてしまいました、心当たりのある方は…」などと呼びかける人もいますが、これは絶対にやってはいけません。鍵をなくしたことを広い世界に発信することは防犯上危険な行為となるだけで、メリットは何もありません。

 

どうしても見つからない場合は鍵を交換する

しっかり探したものの、どうしてもなくした鍵が見つからないという場合、第三者があなたの鍵を手に入れて、それを悪用するリスクも出てきます。できる限り自宅の鍵をシリンダーごと交換することをおすすめします。

 

どうしても丸ごと交換が厳しいという場合は、せめて補助錠などの追加をして防犯性能を高めておきましょう。

 

家の中に入れない場合は管理会社や専門業者に連絡する

 

鍵が見つからず家の中にも入れないという場合、大家さんや管理会社に連絡して合鍵を貸してもらうのが良いでしょう。

その対応ができない賃貸や持ち家の場合は、専門業者を呼ぶしかありません。

 

ただし、中には「基本料金は安く見せかけて、出張費や部品代などの名目で法外な料金を請求する」というあくどい業者も存在します。

 

このリスクを避けるためには、たとえ急ぎの鍵開けであっても、作業前に見積りを提示してもらうことが大切です。

 

業者に依頼をする際は、対応可能時間や基本料金などを問い合わせることになりますが「先に見積りを出してくれるか」という点も聞いておくと安心です。

 

鍵が見つかった場合もスペアキーの作成が心配!防犯対策を

 

紛失した鍵が後で見つかった場合にも、注意しておかなければいけないことがあります。

 

それは「たとえ鍵が見つかっても、その鍵のスペアをどこかで誰かに作られている可能性がゼロではない」ということです。

 

家の中で鍵をなくし、ごく短時間で見つかった場合を除いては、このリスクはつきまといます。

 

特に「外で鍵が見つかった」という場合は、他人がスペアキーを作った上で元の鍵をそこに放置した、などというケースもあり得るため、たとえ見つかっても完全には安心できません。

 

ですから可能な限り、鍵を丸ごと交換することをおすすめします。外出中に鍵をなくして業者を呼んだ場合は、その場で開錠だけでなく鍵の交換を依頼してみるのもおすすめです。

 

交換が厳しい場合は、補助錠などの追加を検討しましょう。

 

よくあることだが軽視できない鍵の紛失

 

比較的紛失しがちな鍵ですが、鍵は防犯上非常に重要なものです。

もしなくしてしまって出てこないという場合は、事態を軽視せず、警察への届け出や、可能な限り鍵交換などの手を打っておきましょう。

さまざまな鍵に関するトラブル

いつもは問題なく施錠したり開錠したりできていたのに、急に鍵に関するトラブルが発生することがあります。
よくあるトラブルとしては、差し込んだ鍵が抜けなくなったり、施錠や開錠ができなくなったりするといったことが挙げられます。

鍵が抜けなくなってしまうのは、鍵穴の中に異物が入り込んでしまったことや、内部部品にズレが生じたことなどが原因となります。
他にも、複製して使っていたものがマスターキーとの形状に違いがあるために、抜けなくなってしまうケースもあります。

うまく施錠や開錠ができない場合は、使い過ぎて内部が摩耗してしまったことが主な理由です。
丈夫に作られていても、何十年も使い続けていると少しずつ部品が削れていって、本来の形状とは違ったものとなってしまうことがあります。

そうなると正常に施錠や開錠ができなくなり、動かすのに苦労したり空回りしたりする事態を招いてしまいます。
摩耗は少しずつ進行しますので、うまく施錠や開錠ができないと感じた時は、交換や修理を検討しましょう。

最近では品質も向上したために、こうしたトラブルが発生することも少なくなりましたが、問題が起こると外出できなくなったり防犯上問題となったりするので、早急に修理をしなくてはなりません。
毎日使っていると少しの変化でも気が付きますから、大きな問題となる前に業者に連絡をすることでトラブルを回避できます。
鍵や錠前の修理や交換などを行う業者は、適切な処置を行ってくれます。

業者に連絡する時は、どのような状況になっているかを詳しく説明して、どの位の時間で対応できるかなどを確認するようにしましょう。
ただトラブルが発生したとだけ伝えて来てもらったのでは、対応できるかも分かりませんし、必要となる費用も不明です。


トラブルが発生したら無理して自分で解決しようとしない

さまざまな鍵に関するトラブル

鍵に問題が生じた際は、専門の業者に修理を依頼するのが最善です。
自分で何とかしようとすると、状況を悪化させてしまうこともあります。

差し込んで抜けなくなった鍵を無理に抜こうとすると、鍵が変形してますます抜けにくくなるばかりか、内部にも傷を付けてしまって設備全部を交換しなくてはならないという事態に発展する可能性もあります。
いつものように抜こうとして抜けないのであれば、そのままにしておくのが賢明です。

潤滑油や食用油などを鍵穴に入れて抜こうとする人もいますが、ホコリなどが内部の部品に付着してしまい、動作不良となることもあります。
針金やつまようじなどの細長いもので、鍵穴の内部をいじることも避けるべきです。
とがった先端が内部を傷付けてしまうと、正常に使用できなくなることもあります.。

問題が発生した時は、鍵を掃除して正常に使えるか試してみたり、複製したものを使っている場合は、マスターキーを使ってみたりする程度にとどめなくてはなりません。
単純な構造のように見えても、鍵の修理には専門的な知識や技術が必要です。

最近の製品は高度な技術を使ったものもありますので、知識がない人には修理できないものも多くあります。
力任せに扱うと直るものも直せなくなりますから、いつもの通りに使ってトラブルが解消できない時は、速やかに業者に連絡をしましょう。

状況によっては修理をするのに時間もかからず、費用も少額で済みます。
自分で長々といじっていると時間を無駄にするだけではなく、余計に修理費用もかかることになってしまいます。


適切な業者の選び方

鍵の修理業者を選ぶ時は、まず到着するまでにどのくらいの時間がかかるかを確認します。
優良な業者でも、忙しくしてすぐに来られないこともありますし、店舗が遠いと来るまでに時間がかかります。
状況にもよりますが、30分以内に来てくれる業者を選ぶといいでしょう。

365日24時間対応の業者は利便性が高くなります。
料金についても、事前に確認しておく必要があります。
同じような作業内容でも、業者によって料金は異なります。

トラブルの内容を説明して、見積もりを提示してくれる業者なら安心です。
見積もりも総額だけを聞いて判断するのではなく、内容や内訳についても確認しましょう。

料金に関しては、出張料やキャンセル料などについても確認をしておくことが求められます。
見積もりをしてもらう際に、出張料のことも触れてあればいいのですが、後で出張料を請求されて高い費用を払うことになるのは避けなくてはなりません。

業者が来るまでの間に、自分でトラブルを解決してしまったということもありますから、キャンセル料についても聞いておくようにしましょう。
本来は業者が来るまで手を触れないでいるのがいいのですが、状態を確認するために触っているうちに普通に使えたというケースもあります。

そのような場合は、ただ来てもらっただけで費用を払うのは意味がありませんから、依頼をキャンセルした時にどのようになるのかも聞いておくことが大切です。
こうした点をトラブルが発生した時に確かめるのは難しい場合もあるので、日頃から問題が発生した時に備えて、適切な業者をインターネットなどで探しておくのが一番です。

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19