株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

玄関の鍵交換費用っていくらかかるの?

鍵交換の費用は、交換する鍵によって大きく異なります。

最近は防犯性に優れた鍵が増えてきたため、基本的には防犯性に優れた鍵ほど値段は高くなるでしょう。

このページでは、鍵の交換にどのくらいの費用がかかるのかリサーチしてみました。また、もっとも多いケースである「賃貸物件の鍵交換」についてもご説明します。

 

鍵交換の費用相場!賃貸物件なら2万円以下で可能

もっとも普及しているシリンダー錠の交換費用の相場を、種類別に見ていきましょう。

ディンプル錠 10,000~40,000円程度 ピッキングに強いとされているが、防犯に優れている鍵ほど値段が高い
ディスクシリンダー錠 5,000円程度 ピッキングされやすいタイプ
ピンシリンダー錠 5,000円程度 ピッキングにはある程度耐えるが、バンピングされやすい
プッシュプル錠 15,000~25,000円程度 比較的新しいマンションに多いタイプ

 

以上は鍵屋でシリンダー(鍵穴の部分)と鍵を交換した場合の目安です。

ただし、不動産会社やリフォーム業者が交換する場合は多少値段が異なりますし、距離が遠い場合は出張費を求められることもあります。

 

ディンプル錠は鍵そのものの値段に大きく開きがあるため、交換費用にも幅があります。しかし、通常の賃貸住宅の玄関に使用されている鍵であれば、2万円を超えることは少ないでしょう。

 

鍵交換の費用は借り主が支払うケースが多い

 

賃貸住宅の場合、以前その部屋に住んでいた人が合鍵を作っていることもあるため、鍵交換はしておいたほうが安全です。入居時に鍵を交換するかどうかと尋ねられる場合もあります。

 

では、新しい鍵に付け替える際、賃貸住宅では貸主と借り主、どちらが鍵の交換費用を負担するのでしょうか。

法律では、どちらが負担しなくてはいけないという決まりはありません。ただ習慣的には借り主が支払うケースが多くなっており、貸主によってどちらが負担するかが決まります。

 

最近はトラブルを防止するため、入居時に交わす賃貸契約書に特約として鍵の交換費用が記載されているケースが増加。借り主が負担するという特約がある場合は、判例でも借り主の負担という判決が出ています。

 

そして鍵を紛失したり、壊してしまったりという場合は、借り主が費用を負担。通常使用の状態で鍵が壊れた場合は、大家が負担して鍵の修理や交換を行います。

 

退去時に鍵交換する場合は現状の鍵への交換費用のみ支払う

 

一般的には入居時に鍵交換を行うことが多いですが、なかには入居時に鍵交換費用の請求がなく、退去時に鍵の交換費用を求められる場合もあります。このようなケースでは、「自分が家を借りていたときに付いていた鍵と同等の交換費用」しか支払う必要はありません。

 

「自分が入居していたときはディスクシリンダー錠の鍵を使っていたが、退去時にディンプル錠やその他優れた鍵に交換する」

といったように現状よりランクの高い鍵に交換するときは、現状の鍵に交換する場合との差額はオーナーが負担するべきものになります。

 

借り主が勝手に部屋の鍵を変えることはできない

 

賃貸物件の鍵は、オーナー側の許可がなければ変えることはできません。防犯に不安があるなど、何らかの事情で鍵を交換したい場合は大家や管理会社に連絡を取り、許可をもらってください。

 

また、自分で鍵を交換した場合は、管理会社や大家にスペアキーを渡す必要があります。自分で取付可能な補助錠も販売されていますが、この場合ももちろん勝手に取り付けることはできません。いざというときに部屋に立ち入れなくなり、損害賠償を請求されるようなことがないよう気を付けましょう。

 

きちんと鍵交換を行って安全・安心に暮らそう

 

玄関ドアの鍵を交換する費用は、数千円から高くても4万円程度。鍵の種類によって相場は大きく異なりますが、賃貸物件の場合は2万円以下が相場となっています。

 

交換する場合は見積もりをしっかり出してくれる業者を選びましょう。また、複数の業者から見積もりを取ると安心です。追加料金が発生する可能性があるかどうかも、先に尋ねておくことをおすすめします。

引越しの際などはきちんと鍵交換を行って、安心して新居で暮らせるようにしましょうね。

鍵の交換は自分でもできる?

鍵の交換はプロの業者に依頼しなくても自分でできます。
ただし鍵の種類によって内部の構造やパーツが異なるため、自力で交換作業を試みるときは失敗するリスクも覚悟しなくてはいけません。

今回は、住宅の鍵の主流シリンダー錠の構造を踏まえつつ、自分で鍵を交換する手順の一例について解説します。

住宅の鍵で主に使われているシリンダー錠はピンを調整して解錠する仕組み

シリンダー錠は一般的な住宅の鍵として広く使われており、細分化するとピンシリンダーやディンプルシリンダーなど複数の種類がありますが、基本的な構造はいずれも似通っています。

シリンダー錠は鍵穴の内部に複数のピンが存在し、キー本体の鍵山が各ピンと合致してシアラインが正しく整えばキーを回して解錠できる仕組みです。

ディスクシリンダーやピンシリンダーといった一部の鍵は、正規のキーまたは合鍵がなくてもヘアピンなどを利用して内部のピンを調整すれば解錠可能です。

シリンダー内部のピンが多いほどピッキングの難易度は高くなるため、一般的なシリンダー錠よりも多くのピンが備えられているディンプルシリンダーは防犯性が高い仕様となっています。

・鍵の交換は3つの手順で行えば自分でできる

鍵の交換を業者にお願いすると作業費や出張費が上乗せされるため、いささか高価な出費となってしまうかもしれません。
一般的な鍵の交換は以下3つの手順で行えば特別な工具や技術がなくても交換できるため、節約したい場合は検討してみましょう。

1. ドアの厚さと鍵の寸法を測る

鍵を交換する際の準備として、まずはドアの厚みと現在取り付けられている鍵の規格を調べましょう。
ドアを開き側面から厚さを測りますが、錠前に装飾が付いている場合はこれを無視してドア本体だけの厚さを計測します。

続いてドアの側面から錠前までの距離(バックセット)と、フロント(デッドボルトおよびラッチボルトがある金属の部分)の縦幅を測りましょう。

2. 測った規格にあう新しい鍵を購入する

計測したドアと鍵の規格に合った新しい鍵を購入します。
ホームセンターなどでスタッフに計測した規格と新しく交換したい鍵の種類を伝え、条件にマッチする商品を教えてもらいましょう。
近くに実店舗がない場合は、オンラインショップを利用して現在の規格と合う鍵を探して購入します。

3. 既存のシリンダーを交換する

ドライバーおよび先の細いペンチを使い、現在取りつけられているシリンダーを新しいものに交換します。
持ち家ではなく賃貸物件などの場合は、あらかじめオーナーに鍵を交換する許可を得てから作業に取り掛かりましょう。

まずドアを開き、ドライバーを使ってフロントのネジを緩めてフロントのカバーを外します。
ペンチを使って内部のシリンダー側にある上下2本のピン(棒状の金具)を引き抜き、既存のシリンダーを取り除きましょう。

上記と逆の手順で新しい鍵を取り付け、施錠および解錠が問題なく機能すれば作業完了です。

自分で鍵を交換して失敗したくないときは業者に依頼する

先述した鍵の交換方法は一例であり、鍵の種類やドアのコンディションなどによって内部の構造や作業の流れは異なります。
そのため自分で鍵を交換して失敗したくないときは、無理せず専門の業者に依頼しましょう。

鍵の交換作業ではフロントのネジやシリンダーを固定しているピンなど細かな部品を取り扱いますが、DIYなどで慣れていないと紛失してしまうリスクもあります。
また寸法の測定を誤り規格が合っていない鍵を購入して無駄になってしまうこともあるため、作業工程が少ないからといって油断は禁物です。

交換作業に失敗した場合は結局のところ業者に頼まざるをえないため、費用を節約するために自分で交換を試みたにも関わらず余計な費用が発生してしまうかもしれません。
鍵交換のプロである専門業者であれば多様な種類の鍵に対応できるため、相応の費用がかかりますが安心して作業を任せられます。

鍵交換を依頼するときは作業前に見積りを提示してくれる業者を選ぶ

鍵の交換を業者に依頼するときは作業に着手する前の段階で見積りを提示してくれる業者を選びましょう。
作業前に見積りを提示せず交換した後から高額な費用を請求してくる業者もいるため、トラブルを回避するため事前に見積りを提示してもらうべきです。

鍵の交換に限らず折れてしまったときなど自分で解決できない鍵のトラブルは多々あるため、手に負えないときは無理せず業者に依頼しましょう。

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19