株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

防犯性の高い鍵に交換しよう!

古い鍵を昔から使い続けていたり、中古の物件を購入したりしたときに気になるのは鍵の防犯性です。
防犯性の高い鍵に交換すると、不正に開けることが難しくなるだけではなく、狙われにくくもなります。
鍵の交換だけなら数時間でできます。簡単にできる防犯対策として、ぜひ鍵の交換を検討してみましょう。

防犯性の高い鍵は解錠するのに時間がかかる

防犯性の高い鍵とはどんな鍵を指すのかというと、解錠するのに時間がかかる鍵です。鍵を開けるのに手間がかかるということは人目につく可能性が上がるということです。一般的に空き巣は5分で解錠できない場合、ドアからの侵入は諦めると言われています。
また、鍵に詳しい人は、見ただけでも開けやすい鍵かどうかが分かるので、防犯性が高いとわかる鍵を取り付けていると、狙われる危険も減少するのです。

防犯性の高い代表的な鍵はディンプルキーや電子錠など

防犯性の高い鍵としては、ディンプルキーや電子錠があります。

*ディンプルキー

ピッキングに強いと言われている鍵です。バンプキー(不正に解錠する目的で特殊な加工が施された鍵)対策の施された鍵がより防犯性が高くおすすめです。

*電子錠

暗証番号式、カード式、指紋センサー式、ドアに近づいたり離れたりするだけで開閉できるスマートキーなどさまざまなタイプがあります。玄関用として販売されているものはオートロック機能があるものがほとんどです。

開けやすい鍵の代表格はディスクシリンダー鍵、ピンタンブラー錠など

一方、開けやすい鍵の代表格とも言えるのが、ピッキングやバンピング被害に合いやすいディスクシリンダー鍵、ピンタンブラー錠です。
防犯性が高いと言われているディンプルキーはピンタンブラー錠と仕組みそのものは一緒なのですが、デコボコの穴が複数施されており、より複雑に作られています。そのため、ピッキングやバンピングで開けようとすると時間がかかるのです。

複数の鍵を付けると防犯性が上がる

どんなに防犯性の高い鍵でも欠点はあります。手っ取り早く防犯性を高めるには、複数の鍵、つまり補助錠が効果的です。補助錠を取り付けると、片方の鍵が解錠されたとしてももう一つの鍵を突破する時間が必要になります。
内鍵用の電子錠は自分で取り付けできるものもあるので、防犯性の高い鍵にもう一つ鍵をプラスすることで安全性を高めましょう。

鍵交換の費用は約1〜5万円!鍵本体の価格によって大きく変動する

取付費用そのものは数千円程度です。ただ鍵交換の費用を大きく作用するのが鍵本体の値段差となります。
オートロックを備えた電子錠であれば、交換費用も含めて5万円以上になるケースもありますし、安いディスシリンダー錠であれば1万円程度で交換することも可能です。ただ安価な鍵ほど基本的には開けられやすいため、あまり価格を抑えすぎないほうがいいでしょう。

鍵交換は専門業者に依頼しよう

鍵屋、工務店、リフォーム店、不動産会社、電気屋、警備会社などが主に鍵交換に対応してくれる業者です。プロに頼めば、家のつくりや現在の鍵について確認したうえで開けにくい鍵をアドバイスしてもらえるので、自分で鍵を交換するよりも安全です。

防犯性の高い鍵に変えて狙われにくい家にしよう!

防犯性の高い鍵とは、鍵の解錠に時間がかかる鍵のことです。バンプキー対策の施されたディンプルキーや電子錠に変えたり、補助錠を追加したりすることで防犯性を高められます。
ただし、玄関の鍵を立派なものに変えただけでは、防犯としては不十分です。人が通れるサイズの窓や、勝手口のドアなど、他にも侵入経路はあるからです。家全体の鍵対策を考え、鍵の締め忘れがないようにチェックする癖をつけることも大切です。

鍵の交換を行ってくれる業者は複数あります。ぜひプロによるアドバイスを受けて住まいの安全性を高めましょう。

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19