株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

賃貸住宅の管理人として鍵交換などを行なう際は

鍵に関するトラブルでお困りの方のために

賃貸住宅の管理人は、各部屋の鍵交換を行うのも仕事の一つになります。
鍵交換は、引っ越しなどで入居者が入れ替わる時だけではなく、紛失や破損などの問題が生じた時にも必要となる可能性があります。

私たちが日常生活を送る中で、鍵は住宅や車の他、金庫やデスク、ロッカーなどさまざまなものに使用されています。
施錠をすることで防犯性が高まりますが、無くしたり壊れたりすると、車などを使用できなくなるといった問題も起こり得ます。
また、家の場合であれば家の中に入れなくなる問題が起こります。

トラブルやアクシデントが発生し、自分で解決することができない場合には、専門の業者に相談や鍵交換を依頼するとスムーズに解決できます。
今使用しているものと同様のタイプのものに鍵交換するのではなく、新たなタイプを取り付けることで安全性を向上させるという方法もあります。
例えば、従来よりも防犯対策に効果的な性能を有する鍵や補助錠を設置することで、犯罪の被害に遭うリスクが低くなります。

そして、鍵穴に異物が挟まって取れなくなったり、鍵の回りが悪くなったりした場合には、早めに対策を講じることをおすすめします。
特に回りにくい状態を放置すると、ある時突然壊れてしまうこともあるので放置せずにきちんと対処しましょう。


専門業者のサービスを利用する場合のチェック事項

鍵に関するトラブルは、いつ発生するか予測がつかないことも多くなります。
したがって、賃貸住宅の入居者から管理人に連絡が入った時、スピーディーな対応をするためにはそれなりの体制を整えておく必要があります。
例えば、日本全国を対象とした年中無休で24時間365日体制のサービスを見つけておくと、いざという時になっても慌てなくて済むでしょう。

また、イレギュラーな出費をすることになる場合もあります。
賃貸住宅の管理業務にかかるコストを節約するためには、リーズナブルな料金設定がされている業者を選定することも大切です。

いざトラブルが発生してしまうと、待ったなしの状況になることも多く存在します。
そのような状況に陥った場合、迅速な対応をしてくれる業者が役に立ちます。現場への到着や作業スピードが無駄なく素早い業者は、利用価値が高いと言えます。

例えば、日本全国にスタッフを配置している会社であれば、迅速な対応が期待できるでしょう。
利用する業者を選定するにあたっては、サービス料金に関してもチェックポイントです。中でも、鍵交換のみならず修理にも対応している会社はコストの面で魅力があります。

破損や紛失といった問題が生じた場合、すぐに鍵交換するのではなく、可能なものは修理で対応することによってコストの無駄を省くことができます。
また、鍵の種類によって金額が全く異なる場合もあります。作業に先立って見積り金額を提示してくれる業者を選ぶことで、事後の金銭的トラブルが発生するリスクは低くなります。

鍵に関するトラブルは、プライバシーに関係する場所で発生することが多いので、スタッフの顧客対応サービスやマナーにもしっかりと気を配りたいところです。
業者の中でも、研修などを通じてサービスやマナーの向上に力を注いでいるところを選ぶのがおすすめです。


 

鍵に関するトラブルが発生する事例と問題解決の方法について

賃貸マンションなどの管理人が入居者とのトラブルを避けるためには、業務をスムーズに行うことも大事です。
特に、自宅を留守にしていることが多い入居者にとって、外出中の防犯対策を講じることは切実な問題と言えます。
空き巣などの被害を防止するためには、鍵交換や増設をすることも検討すると良いでしょう。

鍵に関するトラブルは、会社の中で発生する可能性もあります。
例えば、使用する機会が少なくなった金庫を開けようとしたものの、パスワードを紛失してしまっていて開錠できないという問題も起こり得ます。

法人の場合、金庫が開けられないと会社の運営資金などを取り出すことができず、業務に支障をきたすことにもなりかねません。
そのような問題を解決するためには、スピーディーな対応をしてくれる専門業者のサービスが役に立ちます。

また、自動車に使用されている鍵は、閉じ込めなどの問題が発生する可能性もあります。
中でも車が外車のものであれば、国産車の場合とイモアイザーなしと比較して開錠の作業を行える業者が少なく限定されています。
業者の中でも技術レベルの高いところや取り扱っている種類が多いところを選定することで、外車の開錠にも対応してもらえる可能性が高くなります。

ある時突然にトラブルが発生すると、気が動転しがちですが、落ち着いて冷静に対応するよう心がけましょう。
自分で問題が解決できないと分かった場合には、電話などで業者に連絡を取ると良いでしょう。
連絡する際には、トラブルの状況などを詳しく伝えてスタッフの到着予定時刻などを確認しておくと安心です。

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19