株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

バイクの鍵を紛失した時のために正しい対処法をマスターしよう

メットインの中にバイクの鍵を閉じ込めてしまった可能性を考える

いつものようにバイクに乗ろうと思って鍵はどこかと探したけれど、いつまでたっても見つからない場合、紛失したと思うこともあるでしょう。
このような場合、いったん冷静になることが大事です。

まず考えるべきはメットインの閉じ込みです。
メットインとはヘルメットなどの小物を収納するためのスペースです。

この中に鍵を入れたままで閉めてしまい、インキーで取り出せなくなるというトラブルはよく見られます。
ダイレクトでなくても、鍵をポーチやバッグに入れたままメットインに入れて出せなくなるというパターンはよく起こります。

そこで最後に利用した際に、何か収納スペースに入れていなかったかどうか思い出してみましょう。
もし心当たりがあれば、その中に鍵が入っている可能性も考えられます。

もしメットインへの閉じ込みであれば、エンジンとメットインのカギ穴が一緒かどうかで対処する方法が変わってきます
別々の場合はメットインを開けることができれば解決します。

古い型のバイクでこのような方式がよく見られます。
一方同じカギ穴になっている場合、構造上開錠するのは難しいと言われています。

こちらは新しい型のバイクに見られる方式です。
この場合、特殊な技術が要求されるため、費用が若干高めになります。

いずれの場合でもバイク屋や鍵屋などに連絡をして、開錠をお願いするのが一般的です。
無理やり力ずくでこじ開けようとする人もたまにいますが、シートを傷つけることになりますし、ロック箇所が破損するのでメットインが二度と使えなくなる恐れもあります


完全に紛失してしまった場合には警察へ連絡をしよう

メットインには普段何も入れない、ヘルメットしか入れないという場合には、どこかで落としたなど完全に紛失している可能性が出てきます。

この場合まず行うべきことは、警察に連絡することです。
そうすると遺失届というものが提示されるので、必要事項を記入して提出します。

もしかすると親切な人が道端などで拾って交番などに届けてくれている可能性もあり、そうなれば、手元に紛失した鍵が戻ってきます。
たとえ遺失届を出した時点では見つかっていなくても、後々発見されることも十分考えられます。

また、紛失して、拾った人が交番などに届け出ないこともあり得ます。
そしてその拾得者がその鍵を悪用する可能性もゼロではありません。

しかしそのような時でもすでになくしていることを警察に伝えておくと、被害相談にのってもらいやすいというメリットがあります。

遺失届を出す際には、氏名や連絡先の他にも紛失した日時やどの辺でなくしたか、なくしたものの特徴について記入する欄が設けられています。
ここでポイントになるのは、特徴についてです。

できるだけ詳しく記入しておくと見つかった時に早く連絡が来ます。
確認したら違っていたというミスのリスクも少なくできますから、できるだけ細かく伝えるように心がけましょう。

遺失届を出すために警察署に行くのは面倒、仕事など他の都合もあるのでなかなか行けないという人もいますが、警察署の中には、電話でも受け付けてくれるところもあります。
電話で手続きできないか、相談してみると安心です。


新しくバイクの鍵を作成する際の注意点

完全に鍵を紛失してしまったというのであれば、新しく作成するよりほかありません。
この場合、このバイクは自分の物であるという証明がなければ業者も受託できません。
この証明をするためには、身分証明書が必要になります。

通常は運転免許証と自賠責保険証を提出することになるので、手配をできるだけ速やかに行います。
家族や知人、友人からバイクを譲ってもらったという人もいるでしょうが、その場合は名義変更の証明書として、譲渡証明書があるので、こちらを提出しましょう。

これは悪意を持った第三者がどこかからバイクを盗んで、鍵開けをしてほしいと依頼されないようにするためです。
このような必要書類をあらかじめ準備しておくと、新しい鍵ができるまでの時間を短縮化できます。

作成の依頼先としては、バイク屋や鍵屋などが候補に挙がります。
少しでも早く作成してほしいというのであれば、後者を選択したほうがいいです。

なぜなら出張作業に対応している業者が多いからです。
電話をかければすぐに作業員が急行してくれて、トラブルに対処してくれます

中には24時間365日対応しているところもあって、深夜や早朝、日曜祝日の際のトラブルにも速やかに対処してもらえます。
早ければ依頼した当日には出来上がったり、ロックを解除してくれたりすることも可能です。

いつまでもバイクが使えず不便な思いをすることもなくなります。
この時早く依頼したい気持ちを逆手にとって、あらかじめ値段を明示しない悪徳業者もあります。

作業を行う前に見積書を作成してくれて、料金を提示してくれる業者かどうかを見極めて依頼先を絞り込むのがおすすめです。

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19