株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

鍵でよくあるトラブル

鍵のトラブルとひとことで言っても、その状態はさまざまなものがあります。
鍵屋さんが解決しているよくある依頼の一部を紹介しますので、参考にしてみてください。

ある日突然鍵穴に鍵が刺さらなくなってしまう

鍵の故障で多いパターンなのが、「鍵穴に鍵が刺さらない」というトラブルです。

鍵のほとんどは金属製になっていますから、錆びや曲がりなどによって鍵がうまく刺さらなくなり、ある日ついに自宅に入れなくなってしまったという話をよく耳にします。
ある程度兆候があるケースが多いので、普段から鍵のメンテナンスさえしていれば防げるトラブルともいえます。

鍵のメンテナンス方法ですが、定期的に鍵用の潤滑油を刺しておいたり、鍵穴に埃などが溜まらないように掃除機などで吸い込んで掃除をするといった方法があります。
ただこれらの方法は、本格的にするには鍵穴の分解などの知識も必要なので、プロに任せてしまったほうが確実ですし手間もかかりません。
RC‐クレ556はNGです。


ドアノブ自体が壊れてしまった

鍵トラブルといえば、鍵穴部分の故障をイメージしてしまうかもしれませんが、実はドアノブ部分が壊れることで扉の開閉ができなくなってしまうというケースもよくあります。
最近の鍵扉はドアノブの捻りの部分と鍵部分が連動していものもありますから、扉が開かないトラブルに見舞われた場合、故障箇所としてドアノブ部分を疑ってみる必要もありますね。

なおドアノブの取り外しとなりますと、大掛かりな工事が必要になってしまいます。
最悪扉の交換に発展することもありますから、ドアノブ部分の違和感に気がついたときは早めに検査してもらう必要があります。

なおドアノブ部分のトラブルは鍵屋さんは関係ないのではと思う人もいると思いますが、依頼をすればしっかり開いてくれます。
ドアが壊れたときには、修理も兼ねて依頼してみると良いでしょう。


知らない間に鍵がコピーされている!?

鍵の防犯トラブルで非常に怖いのはプロの犯行です。

何らかの方法であなたの鍵がコピーされ、合鍵が作られていた…という話は実は珍しくありません。
通常の空き巣とは違い正面から非常にスムーズに侵入してきますので、周囲が扉を開けている場面を見かけていても不審者と思われず通報されないという厄介さもあります。

どこから鍵の情報が漏れているのかですが、清掃やセキュリティ、リフォーム会社などに自宅の工事を依頼した際に、鍵が奪われてコピーされている…といった可能性も否定できません。
そういった業種の方々を疑いたくはないのですが、防犯のことを考えるのであれば可能性は潰しておくべきです。

そういったトラブルを回避するためにコンストラクションキーというものがあります。
これはオリジナル以外の鍵が使われた場合、扉が完全にロックされるという特殊な鍵です。

トラブルを避けるためにリフォーム業者などが用意してくれるもので、施工前にオリジナルキーは家主に手渡されます。
これなら留守中に第三者が鍵扉に不信な行動をしようとしても一発でバレますので、安心して施工してもらえますね。


お金が必要なのに金庫が空かない

金庫で保管するような金額は相当な量であると思います。
ですので一大決心をした時くらいしか金庫を開閉することが無いという方々は多いのではと思います。

しかしいざ開けてみようとした際に、扉が壊れて開かないといったトラブルは非常に多いようです。
普段触らないものというものはメンテナンスもされていないということなので、異常が起きていても分かりにくいのです。

支払いの期限が本日中などだった場合、緊急手段として金庫を無理やり壊してしまおうと行動する人も多いのですが、金庫は元々防犯用に作られているので簡単にこじ開けることはできません。
バーナーなどの溶接専門器具を使ってやっと開けるくらいの頑丈さになっていますから、金庫は無理やり壊せるようなものではないと認識しておきましょう。
壊した後の修理費用もバカにはなりませんからね。

金庫の鍵をなくしたというケースであれば、金庫メーカーに問い合わせすれば合鍵を用意してくれるはずです。
ただしお金に関するものなので、簡単に合鍵を発行してくれるというものではありません。
登録時の身分証などを確認してもらい、合鍵が手元に届くのには2週間前後かかるとされています。

そういった事情がありますので、緊急に開かない金庫の中のお金が必要だという場合は、鍵屋さんに開いてもらうのが一番早い方法となります。
金庫の場合、通常の鍵ではなくダイヤルタイプやキー入力で暗証番号が必要な場合もありますが、こちらについても問題なく解錠してくれますからご安心ください。


鍵のトラブルが起きたらまずは専門業者に依頼

簡単な鍵のトラブルであれば自分で対応できることもあります。
ですが、ドアノブの故障や、勝手にコピーキーが作られてたといった場合は専門の業者に対処を依頼しましょう。

また、普段からこまめな手入れや防犯意識を持っておくことで、鍵トラブルは未然に防げますよ。

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19