株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

キャビネットなどの鍵を紛失してしまったら専門業者を呼ぶ

キャビネットの鍵を紛失してしまっても慌てないこと

オフィスで大事なものを収納しておいたキャビネットが開かなくなってしまうととても困ってしまいます。あまり使っていなかったりすると鍵の番号を忘れてしまったり、紛失してしまうことはよくあることです。キャビネットの鍵は小さいので、そのときまでなくしたことすら気づかなかったりもします。
今から会議で、キャビネットの中にある資料が必要な場合、そこが開かなくなってしまったときには、手っ取り早くキャビネットを壊してしまおうかと思うこともあります。そのときはそれでも良いように思えますが、キャビネットやデスクの引き出しを使えなくしてしまうと、後から大変です。今は情報漏洩に関してとても敏感な時代です。ほとんどの書類は鍵の付いた場所に保管しなければなりません。その場所が一カ所でも潰れてしまうというのは不便なこととなります。
このような場合はやはり専門業者を呼ぶ方法が一番です。電話一本で一番近くにいるプロの職人が駆けつけてきてくれ、傷を付けることなく開けてくれます。そのとき注意しなければならないことは、秘密厳守をしてくれるかどうかです。業者はオフィスの中に入って様々なものを目にします。ロッカーやキャビネットの中にあった重要書類を見られてしまう可能性は十分にあります。それを決して口外しない秘密厳守の業者にお願いしなければなりません。また、今までの実績を見ることも大切です。何かトラブルがあった業者なら実績がないケースも多いので、それなりの実績があるということは秘密厳守などのコンプライアンスがしっかりしていると考えられます。

ロッカーなどの鍵を紛失してしまったときの対処法

オフィスのロッカーだけでなく様々な場所でロッカーを利用することは多いです。そのようなロッカーで鍵をなくしてしまうと頭を抱えてしまいますが、まずはその管理者に報告しなければなりません。管理者がマスターキーやスペアキーを持っている場合もあるので、それによってスムーズに開けることができる可能性があります。
もしスペアキーがない場合は鍵穴から新しい鍵を作らなければなりません。ロッカーのメーカーや画像などからスペアキーを作ることになります。これはキャビネットでも同じ事です。メーカーに問い合わせれば作ってくれますが、一般的に時間がかかってしまうというデメリットがあります。中に入っているものがすぐに必要な場合は、専門業者にお願いする方が、結果的に安価にすませられることもあります。
メーカーや業者にスペアキーを作ってもらえることになっても、その管理者には必ずその旨を連絡しなければなりません。その後紛失した鍵が悪用されるなどのトラブルにつながる恐れがあるからです。鍵を紛失したときはキャビネットやロッカーを開けることばかりに集中してしまいがちですが、そこから二次的被害につながる恐れがあるので、落ち着いて対応しなければなりません。
後のトラブルを防ぐためには、スペアキーを作るのではなく、新しいものに交換してしまうことも検討しましょう。なくしてしまったということは、誰かが持っているケースも考えられます。意図して盗まれた可能性もゼロではありませんので、心配な場合は交換すべきです。鍵の種類などによって金額は違ってきますが、それほど高くないこともあるので一度見積もりをもらってみると良いでしょう。

業者選びのコツ

専門業者を選ぶときは、まずコールセンターの対応やスピーディな対応をしてくれるところにします。鍵が開かなくなってしまうケースは、営業時間内とは限りません。明日出張でその資料を取り出そうとしたときや、帰ろうとしたときにロッカーの鍵の紛失に気づくこともあります。年中無休で24時間対応してくれるところもあるので、そのようなところであればすぐに対処してくれるでしょう。
開けることができなくなってしまったために、使用せず放置されたままのキャビネットなどがオフィスに存在するケースもあります。専門業者ですから当然技術力があることも大切です。すぐに駆けつけてくれたものの、古いタイプであることや最新式という理由から開けることができなければ来てもらった意味がありません。ましてや開けられなかったにもかかわらず、出張費のみを請求されるところもあるので気を付けなければなりません。そして、オフィス内で目にしたものを外に漏らさないというプロ意識を持っていることも重要です。これは、事前に業者へ直接聞くことは難しいですから、その業者の姿勢や意識を口コミなどから確認すると良いです。困っていることを逆手にとって法外な金額を要求してくる業者もあります。電話をかけたときに大体の見積金額を出してくれるところであれば安心して任せることができると言えます。
困っているときだからこそ、これらの業者には気を付けて、できるだけ技術力があり親切でプロの対応をしてくれる業者に依頼しましょう。

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19