株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

鍵の付け替えなどを依頼するにあたっては

自宅などの防犯性を高めたいとお考えの方へ

現代においては、空き巣などの犯罪手口が巧妙になってきています。そのような状況の中で自宅などのセキュリティを向上させるためには、鍵の付け替えなどを検討するのも選択肢の一つになります。既存の鍵をより高性能のものに交換すれば、空き巣などの被害に遭うリスクを低くすることにつながります。
鍵の付け替えを希望するのであれば、利用する業者の選び方もチェックポイントになります。現在ではインターネットが普及しているため、ネットを活用して便利に業者を探すことができるようになりました。ネット上で検索をかけるとさまざまな業者のホームページがヒットするので、サービス内容や料金設定などに気を配って利用する業者を選ぶと良いでしょう。
私たちは日常的な生活シーンの中で、鍵をさまざまな目的に使用しています。鍵に関連するトラブルやアクシデントはいつ発生するか予測がつかないことも多いので、いざという時になってから慌てなくて済むように、あらかじめ業者の目星をつけておくのもいい方法です。実際に問題が起こると、待ったなしの状況になるケースも多く存在します。例えば、外出中に自宅の鍵を紛失すると、家の中に入りたくても入れなくて日常生活に支障を来たすことになります。そうした状況に陥った場合にも、前もってスピーディーな対応をしてくれる業者を見つけておけば、迅速に問題を解決することが可能になります。
業者の中でも、日本全国に展開しているところには迅速な対応を期待することができます。サービスの対象となっているエリアが広ければ広いほど、自宅の近くに店舗がある可能性も高くなります。近くに店舗があれば、サービスを依頼してからスタッフが現場に到着するまでの時間も短くて済みます。(全国展開している会社では、各エリアを巡回しているスタッフや、お問い合わせ頂いた付近で作業しているスタッフがお伺いするなど、お客様をお待たせしない仕組みをコールセンターで運営しています)

サービス料金などを確認した上で適切な業者を選択しよう

専門の業者に鍵の付け替えなどを依頼する場合、気になるポイントの一つに費用の問題があります。サービス料金は、鍵の種類や現場の状況、エリアなどによって異なります。業者に電話をかけてそれらの情報を提供すれば、担当者がおおまかな見積もり金額を提示してくれます。(お電話での見積もりはあくまでも概算になりますので、必ず現地見積もりしてくれる業者や、丁寧に対応してくれる業者を選ばれることをお勧めします)費用の概算金額に納得すれば、現場への出張を依頼すると良いでしょう。正確な料金は現場の状況を確認してから提示されるので、確認した上で正式に作業を依頼するかどうか検討します。業者の中でも、現場での作業内容や料金を分かりやすく説明した上で、顧客の意思を尊重してくれるところは利用価値が高くなります。
日常的な生活場面の中では、鍵に関するトラブルによってスケジュールに狂いが生じることもあり得ます。そのようなリスクを軽減するためには、全国各地にスタッフが待機している業者を見つけておくのもおすすめの方法です。トラブルが発生した時には開錠ができないといった実害がある上に気持ちも動転しているため、セキュリティが脆弱になりがちです。業者の中でも、依頼者の状況を配慮して、現場に到着する前に電話で連絡を入れてくれるところは、安心感を持って利用することができます。

専門の業者を利用する場合のチェック事項

鍵の付け替え作業を行う時にはその日時にも気を配る必要があります。例えば、仕事の合間や帰宅の直後、ウィークエンドの休日など、人によって都合の良い日時は異なります。そのため、作業日時の選択肢が豊富な業者や、予約や日時指定にも対応している業者は利用しやすいでしょう。
また、現場での作業を担当するスタッフの顧客対応サービスもチェックポイントの一つです。特に女性の単身者が付け替えなどのサービスを利用する場合、スタッフのマナーやセキュリティが気にかかるところです。そうした問題を解決するには、鍵の大切さを十分に理解した上で積極的にマナー研修などを実施し、顧客のプライバシー保護に努めている業者を選ぶことをおすすめします。
自宅などの鍵を紛失してしまうと、解錠の作業を依頼する必要が生じてきます。一般的な鍵と比較して防犯性に優れた鍵は、解錠するために多くのエネルギーと時間がかかるため、料金が高額になる場合もあります。また、個人ではなく法人として利用したい場合には、対応してくれる業者を探す必要があります。法人の場合、現金ではなく請求書を出してもらった方が会計処理に都合が良いこともあるので、事前に問い合わせて確認しておきましょう。
技術レベルの高さや設備の充実度は業者によっても違いがあるので、前もって把握しておくことが大切です。技術レベルは、作業対応の可否や作業時間に影響を及ぼします。業者によっては、技術や設備が不足していて高度な作業に対応することができない場合もあります。特に、昨今では犯罪手口が巧妙化していることを受けて、防犯性に優れた鍵も多く登場してきています。そうした状況の中では、業界内での実績が豊富で信頼のおける業者を選定することが求められます。

素人でもわかりやすい!勝手口の鍵交換の基本について徹底解説!

何年も経った勝手口のカギを変える時、自分で交換すべきなのか業者を呼んだほうがいいのか、とても迷いますよね。また、自分で交換するにしても交換で使う部品の選び方や工具のチョイスにも難しさがあります。そもそも勝手口は、防犯面でも大切な箇所であり、疎かなカギを使っていては空き巣の被害を招いてしまいます。

今回は、そんな防犯上重要な勝手口のカギについて、その取り換え方法と共に紹介していきます


みんなの勝手口の鍵交換のきっかけは?1位は「防犯対策」

勝手口の鍵交換のきっかけについて100名の方にアンケートを取ったところ、一番多かった回答は「防犯対策」でした。ですが、ダントツで多かったというわけではなく、「鍵の紛失」、「故障」、「経年劣化」といった回答が僅差で続きました。このことからも、勝手口の鍵は様々な理由で交換されていることがわかります

回答者のコメントでは、「空き巣にはいられそうになったため交換しました。」「一度勝手口から泥棒に入られてしまったからです。」など、実際に犯罪の被害に会いかけたという理由で防犯意識を改めるに至ったというものが目立ちました。また、故障や経年劣化などを選んだ人の中には「家を建ててかなり経ち、鍵も劣化してきたので。」「当時住んでいた住宅は築20年以上だったので、ある日勝手口の鍵をかけようとしたら経年劣化で壊れました。」など、勝手口という性質上、頻繁に使うので経年劣化により鍵がもろくなっていることを理由に交換したという意見が多くみられました。

防犯対策をするのと同様、普段から鍵の様子をしっかり意識しておくことも大切だといえます


勝手口の鍵交換は自力でもできる?

勝手口
いざ勝手口のカギが壊れてしまったという時、どうしたらよいのかと悩む方も多いと思います。専門の業者に頼もうかと考えても、出費を考えると自分でできないものかと思ってしまいますよね。結論から言うと、勝手口の鍵交換は自分でもできます。ここでは勝手口の鍵交換を自力で行う際の注意点を紹介していきます。

自分で交換するときに必要になるものは、特殊な工具は必要なくプラスドライバーと取り換える新しい鍵です 。ここで重要なポイントとなるのが、交換用の鍵を購入するときに同じメーカーの同じ種類の鍵を購入することです。鍵穴に合ったカギを用意するのは、ドアに開いている鍵穴のサイズに合わせるため、同じメーカーのものを使うのは、スムーズに取り付けられるだけでなく、メーカーに問い合わせなどができて便利だからです。

勝手口の鍵交換を自力で行う際の鍵の注意点を紹介しましたが、正しい工具の扱い方、力加減にも注意しなければなりません。力ずくでこじ開けようとすると、鍵穴を壊してしまったりして、場合によってはドアごと交換ということもあり得ます。また、メーカーが判別できない、同じ種類の鍵が分からないのであればやはり業者に頼むというのが、一番早く楽な方法でもあります


知っておきたい勝手口の防犯対策

勝手口
いくら正面の玄関の鍵が厳重であっても、勝手口が疎かになっていては空き巣被害の温床となってしまいます。ここでは勝手口の防犯性を高めるためのポイントを紹介していきます

まずは、鍵自体を防犯性の高い物に交換するということがおすすめです。玄関の鍵は防犯性の高いディンプルキーなのに、勝手口だけ刻みタイプの鍵にしていると、泥棒はどこを狙いやすいか見破って侵入してしまいます 。この場合は、勝手口もディンプルキーに交換する、あるいは錠前ごと交換し防犯性の高いシリンダーをとりつけることが有効です

また、補助錠を取り付けるということも有効な手段です。空き巣は侵入に5分以上かかると諦めるという((財)都市防犯研究センター調べ)データがあり、補助錠を取り付けることで侵入の難易度を上げることができます。ドアノブの形状を確認したうえで補助錠を選びましょう 。


 

勝手口の鍵について自分自身での取り付け方と、その防犯性の高め方について

勝手口の鍵は、用意する工具も少なく鍵の種類とメーカーを合わせるだけで比較的スムーズに取り付けることができます。ただ、自分で取り付ける自信がない方は最初から業者さんを呼んだほうがスムーズになることもあります。防犯性については刻みタイプの鍵をディンプルキーに交換するなどの方法があります。玄関の防犯も大事ですが、勝手口を疎かにすると空き巣の格好の標的となってしまいます。これを機に、勝手口の鍵の防犯を見直してみましょう。

防犯性の高い鍵に交換しよう!

古い鍵を昔から使い続けていたり、中古の物件を購入したりしたときに気になるのは鍵の防犯性です。
防犯性の高い鍵に交換すると、不正に開けることが難しくなるだけではなく、狙われにくくもなります。
鍵の交換だけなら数時間でできます。簡単にできる防犯対策として、ぜひ鍵の交換を検討してみましょう。

防犯性の高い鍵は解錠するのに時間がかかる

防犯性の高い鍵とはどんな鍵を指すのかというと、解錠するのに時間がかかる鍵です。鍵を開けるのに手間がかかるということは人目につく可能性が上がるということです。一般的に空き巣は5分で解錠できない場合、ドアからの侵入は諦めると言われています。
また、鍵に詳しい人は、見ただけでも開けやすい鍵かどうかが分かるので、防犯性が高いとわかる鍵を取り付けていると、狙われる危険も減少するのです。

防犯性の高い代表的な鍵はディンプルキーや電子錠など

防犯性の高い鍵としては、ディンプルキーや電子錠があります。

*ディンプルキー

ピッキングに強いと言われている鍵です。バンプキー(不正に解錠する目的で特殊な加工が施された鍵)対策の施された鍵がより防犯性が高くおすすめです。

*電子錠

暗証番号式、カード式、指紋センサー式、ドアに近づいたり離れたりするだけで開閉できるスマートキーなどさまざまなタイプがあります。玄関用として販売されているものはオートロック機能があるものがほとんどです。

開けやすい鍵の代表格はディスクシリンダー鍵、ピンタンブラー錠など

一方、開けやすい鍵の代表格とも言えるのが、ピッキングやバンピング被害に合いやすいディスクシリンダー鍵、ピンタンブラー錠です。
防犯性が高いと言われているディンプルキーはピンタンブラー錠と仕組みそのものは一緒なのですが、デコボコの穴が複数施されており、より複雑に作られています。そのため、ピッキングやバンピングで開けようとすると時間がかかるのです。

複数の鍵を付けると防犯性が上がる

どんなに防犯性の高い鍵でも欠点はあります。手っ取り早く防犯性を高めるには、複数の鍵、つまり補助錠が効果的です。補助錠を取り付けると、片方の鍵が解錠されたとしてももう一つの鍵を突破する時間が必要になります。
内鍵用の電子錠は自分で取り付けできるものもあるので、防犯性の高い鍵にもう一つ鍵をプラスすることで安全性を高めましょう。

鍵交換の費用は約1〜5万円!鍵本体の価格によって大きく変動する

取付費用そのものは数千円程度です。ただ鍵交換の費用を大きく作用するのが鍵本体の値段差となります。
オートロックを備えた電子錠であれば、交換費用も含めて5万円以上になるケースもありますし、安いディスシリンダー錠であれば1万円程度で交換することも可能です。ただ安価な鍵ほど基本的には開けられやすいため、あまり価格を抑えすぎないほうがいいでしょう。

鍵交換は専門業者に依頼しよう

鍵屋、工務店、リフォーム店、不動産会社、電気屋、警備会社などが主に鍵交換に対応してくれる業者です。プロに頼めば、家のつくりや現在の鍵について確認したうえで開けにくい鍵をアドバイスしてもらえるので、自分で鍵を交換するよりも安全です。

防犯性の高い鍵に変えて狙われにくい家にしよう!

防犯性の高い鍵とは、鍵の解錠に時間がかかる鍵のことです。バンプキー対策の施されたディンプルキーや電子錠に変えたり、補助錠を追加したりすることで防犯性を高められます。
ただし、玄関の鍵を立派なものに変えただけでは、防犯としては不十分です。人が通れるサイズの窓や、勝手口のドアなど、他にも侵入経路はあるからです。家全体の鍵対策を考え、鍵の締め忘れがないようにチェックする癖をつけることも大切です。

鍵の交換を行ってくれる業者は複数あります。ぜひプロによるアドバイスを受けて住まいの安全性を高めましょう。

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19