株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

サッシ窓の鍵交換などについて

自宅のサッシ窓に付いている鍵のことでお困りであれば

サッシ窓の鍵としては、クレセント錠と呼ばれるものが多く採用されています。クレセントは三日月という意味で、クレセント錠という名称は金具の形状が三日月に似ていることから付けられました。クレセント錠を閉めることで窓の密閉性が高まり防音効果が得られますが、防犯性に関してはあまり高いとは言えません。その理由は、クレセント錠は窓ガラスを割ることで簡単に開けることが可能になるので、空き巣対策を強化したいと考える場合には、より防犯性の高い製品への交換も検討すると良いでしょう。また、クレセント錠は、長い年月の経過や度重なる使用によって使い勝手が悪くなる可能性もあります。自宅のサッシ窓を開閉する際、余計な負担がかかるようであれば交換も検討してみることをおすすめします。
最近では、空き巣などの犯罪手口も巧妙化しているため、防犯性の高い鍵に対するニーズも高まってきています。クレセント錠についても、従来のものよりも防犯性の高い製品が登場しています。例えば、暗証番号をダイヤルしなければ開錠することのできないタイプのクレセント錠もあります。こちらの製品を取り付けておけば、空き巣をはたらこうとする人物が窓ガラスを割っても暗証番号を知らなければ侵入ことはできません。ただし、この製品を使用するに際しては、暗証番号の取り扱い方法に気を配る必要があります。暗証番号を忘れてしまうと、自分で開錠することもできなくなってしまうので、忘れないように管理しましょう。また、暗証番号が他人に知られると、鍵の防犯性が低くなってしまうリスクも生じてくるので注意する必要があります。

サッシ窓の防犯性を高めるための方法

自宅のサッシ窓に付いている鍵を、より防犯性の高いものに交換したいと考えている方には、補助錠の設置も検討することをおすすめします。一つの窓に多くの鍵を取り付ければ、空き巣が侵入するためにかかる時間も長くなるので、犯罪の抑止効果も得ることが可能になります。
鍵の交換や設置の作業は面倒なものと思われるかもしれませんが、最近では簡単に取り付けることができる製品も登場してきています。例えば、両面テープで貼り付けるだけで設置することの可能な補助錠も販売されています。また、引き戸やサッシ窓を換気のために少しだけ開けておく場合の防犯性を高める鍵もあります。この製品は設置すると、窓が少しだけ空いた状態でロックすることが可能になります。そのため、空気の入れ換えをしながらも不審者の侵入を防止することができます。小さなペットは出入りすることが可能なので、ペットの通り道を確保したい場合にも適しています。この製品は窓の左右どちらにも設置することができますが、窓の隙間がある程度必要になるので、事前に確認しておく必要があります。
次に、従来のクレセント錠を交換する作業は、専門の業者に依頼せず自分で行うという方法もあります。DIYによって、専門業者を手配するためにかかるコストや時間、エネルギーの負担を回避することが可能です。ただし、DIYに失敗すると、作業に余計な負担がかかるばかりではなく、思わぬアクシデントが発生するリスクも生じるので気をつける必要があります。例えば、あまりにも高い所にある鍵を交換する作業は、落下の危険性が伴うので専門業者に依頼することをおすすめします。また、製品を購入する場合には、サイズなどの仕様が合っているものを選ばないとコストなどの無駄が発生します。そういった注意点は、専門業者にお願いすればすべて任せることができますので安心です。

サッシ窓の鍵交換や窓周りのリフォームなどに関する情報

自宅の防犯性を高めるためには、サッシ窓の鍵を交換する他に、窓の本体や周辺のリフォームも検討すると良いでしょう。窓周りの全体的なリフォームは、鍵交換だけの場合よりもコストなどの負担が大きくなりますが、それだけ高い防犯効果を得ることが可能になります。また、一部の設備だけを入れ替えると、窓周りの雰囲気が損なわれる場合もありますが、全体的にリフォームすればトータルコーディネートをすることができます。
窓周りのリフォームとしては、格子を設置することも可能です。こちらの方法を実践すると、窓ガラスが割られても格子が不審者の侵入を防いでくれます。最近では、さまざまなデザインの格子があるので、窓周りのイメージに合うものを選ぶと良いでしょう。また、窓本体を交換することで防犯性や保温性、保冷性を高めるという方法もあります。
サッシ窓の鍵などに関する疑問や不安がある場合、専門の業者に問い合わせや相談をしてみるのもおすすめです。専門業者は、その道のエキスパートとして顧客の要望を抽出し、適切な回答やアドバイスをしてくれます。また、鍵の交換などを業者に依頼すれば、自分で作業をする負担がかからないというメリットがあります。

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19