株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

シャッターの鍵を交換したいとお考えの方へ

シャッターに設置されている鍵について

シャッターは店舗や車庫、倉庫などに設置され、業務上の目的で使用されるケースが多い設備です。店舗などが営業していない時にはシャッターを閉めておけば、通行人に休業中であると知らせることが可能になります。また、シャッターに施錠をすることで、不審者による侵入や盗難の被害を防止することも可能です。
従来のシャッターにはドアなどと異なるタイプの鍵が使用されてきましたが、業務に使用される機会が多いため、劣化や損傷による交換の頻度が比較的高くなっています。劣化や損傷の進んだ状態を放置すると、シャッターにひずみが生じて開錠不能な状況となったり、鍵が破損したりするリスクも生じてきます。このような状況に陥ってから修理や交換をするためには多くのコストや時間、エネルギーがかかり、場合によっては日常業務に支障をきたすことにもなりかねないので注意する必要があります。リスクを軽減するためには、常日頃から定期的にメンテナンスを行い、調子が悪くなってきた場合には早めに修理や交換を検討するのがおすすめです。
従来のシャッターに設置されている鍵は、鍵穴の両側からバーで枠に固定するタイプの製品で、シンプルな構造となっています。そのため、交換の作業は専門の業者に依頼しなくても、ドライバーがあれば素人でも行うことは可能です。ただし、作業をするにあたっては手順や注意事項があるので、知識を持ち合わせていない方は業者に依頼した方が間違いがありません。

従来の製品よりも防犯性の高いディンプルキーの情報など

シャッターに施錠しているからといって、不審者の侵入や盗難のリスクが完全になくなるという訳ではありません。特に、高価な物品や窃盗団のターゲットになりやすい品物を保管している場合は、セキュリティー面にもそれなりの注意を払う必要があります。現在設置されている鍵がシンプルな構造の製品であるならば、より防犯性の高い製品に交換することでセキュリティーを強化することが可能になります。
最近では、シャッターにも設置することの可能なディンプルキーが登場し、人気を呼んでいます。ディンプルタイプのシリンダー錠は、従来の製品と比べてピッキングの防止効果が高く、防犯性に優れています。ただし、キー本体や鍵穴が汚れていると回りが悪くなったり劣化や損傷が早く進んだりするので、定期的にメンテナンスをすることが大切です。
次に、シャッターの鍵交換はDIYでも可能ですが、人によっては自分で作業をする自信がなかったり、作業が面倒に感じたり、作業のための時間を確保することができなかったりすることもあるでしょう。そういった問題を解決するためには、鍵交換を専門に行っている業者を利用するという方法があります。専門業者を利用するには、当然のことながら所定の料金を支払う必要がありますが、代わりに自分で作業をする必要がなくなります。また、その道のエキスパートによる作業は迅速性や正確性、安全性に優れています。そのため、素人が作業をする場合よりもスピーディーに完了し、仕上がり状態も良くなるでしょう。作業中にアクシデントが起こるリスクも低く、たとえ不測の事態が発生したとしても、契約内容に基づいて補償を受けることが可能になります。
シャッターの鍵に関するトラブルはいつ起こるか予測がつかず、発生したら待ったなしの状況になることも少なくありません。そのため、いざという時に備えて迅速に対応してくれる業者を見つけておくと安心です。

シャッター鍵の交換などのために専門業者を利用するにあたっては

これからシャッターの鍵交換などを目的として専門業者を利用する場合、どの会社を選べば良いのかという問題も生じてきます。最近では、インターネットが普及していることから、インターネットを通じて情報を発信している鍵屋も数多く目にされるようになりました。そのような状況の中で、消費者にとっては選択肢が豊富に存在しますが、その反面、判断の難しさが生じているのも事実です。
数あるショップの中から利用価値の高いところを選ぶためには、サービスの迅速性や技術レベルなどに気を配ることが大切になります。業者の中でも全国各地に拠点を持つところは、顧客から依頼を受けた後、最寄りの拠点にいるスタッフが出動し、スピーディーに現場へ到着することができるという強みがあります。また、作業品質の高い会社を選択すれば、余計な作業のために無駄な時間を消費することがないので、迅速な対応を受けることができます。
シャッターの鍵を紛失してしまった場合にも、専門の業者によるサポートで問題を解決することが可能です。そのような場合には、まず業者に連絡を取り、鍵の種類やトラブルの状況、住所などの情報を伝達すると良いでしょう。なお、費用の概算は電話などでも案内してもらえますが、正確な金額は現地での状況確認が終わってから知らせてくれます。

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19