株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

鍵の種類や特徴について

鍵にはさまざまな種類があり、それぞれ特徴や防犯性能が異なります。

住宅用、車用、金庫・ロッカー用、それぞれの用途別に詳しく見てみましょう。

 

住宅に使われる鍵の種類・特徴

住宅に使われる鍵の種類としては、主に以下のようなものがあります。

 

タイプによって防犯性能に差が出る「シリンダー錠」

現在の住宅でもっとも多く使用されている鍵です。

太い円筒(外筒)の中に細い円筒(内筒)がある構造で、鍵を差し込んで回すと内筒だけが回転し、開閉ができるという仕組みです。

 

シリンダー錠にはいくつかの種類があり、タイプによって防犯性能が大きく異なります。

 

*ディスクシリンダー

築年数が古い住宅や賃貸住宅などによく使われており、もっともシンプルなタイプ。ピッキングが容易。

 

*ピンシリンダー

現在の戸建てで主流となっているタイプ。ディスクシリンダーよりはましなものの、防犯性は低め。

 

ディンプルシリンダー

ピンシリンダーを複雑化させてセキュリティ性を高めたタイプ。

 

*マグネットタンブラーシリンダー

鍵の側面にマグネットを埋め込み、ピンだけでなくS極とN極の配列も合わせる必要があるタイプ。シリンダー錠の中ではもっともセキュリティが高い。

 

防犯性は低くドアノブと一体型になっている「玉座錠」

 

握ってひねるタイプのドアノブの真ん中部分に鍵穴がある、ドアノブ一体型のシリンダーを指します。賃貸住宅の中でも、アパートに多いタイプの鍵です。

 

玉座錠の中には、鍵の形が複雑なディンプルタイプで防犯性が高いものもありますが、大半は鍵の形がシンプルで、ピッキングに弱いというデメリットがあります。特に築年数が古いアパートの玉座錠は、そのほとんどが防犯性の低いものとなっています。

 

メインの鍵のセキュリティを高める目的で使われる「補助錠」

 

補助錠はその名の通り補助的な鍵で、メインの鍵ではありません。

 

「玄関扉の鍵がひとつしかない」「メインの鍵のセキュリティが低め」などという場合に補助錠を加えれば、侵入にも時間を要することになり、セキュリティを高められます。

 

防犯性能が高く便利機能がつくものもある「電気錠」

 

電気的に開錠・施錠ができるシステムを組みこんだ錠前・鍵を指します。カード式、テンキー式、リモコン式、生体認証式などのタイプがあります。

 

比較的新しく建てられた住宅に備えられていることが多く、防犯性能は高めです。外出先から鍵がかかっていることを確認できるサービスや自動的に鍵が閉まるサービスなど、便利機能がついた電気錠もあるようです。

 

主に室内で用いられている鍵

室内で用いられている鍵には、以下のようなものがあります。

 

*クレセント錠

窓の室内側に取りつけられている鍵。形状も構造もシンプルで、元々は防犯目的というよりも、窓の密閉性を高めるために用いられている。

 

*窓用防犯錠(窓用補助錠)

防犯性が低いクレセント錠を補助するために使われる錠。クレセント錠に取りつけるタイプや、窓サッシに取りつけるタイプなどがある。

 

*引戸錠・引違錠

主に個室や物置などの引き戸に使われる鍵。鍵を閉めると片方の戸の枠からフックが出て、もう一方の戸枠にある穴に引っかかる仕組みになっている。

 

車に使われる鍵の種類・特徴

車に使われる鍵の種類には、次のようなものが挙げられます。

 

手動での操作が必要な「リモコンキー(キーレスキー)」

キーについているボタンを押すと車のドアの開錠や施錠ができるリモコンタイプのキーです。車のエンジンをかけるには、キーシリンダーに鍵を差し込む必要があります。

 

自動でドアの施錠・解錠ができる「スマートキー」

ポケットやバッグにキーを入れたまま「ドアに近づく、離れる」あるいは「ドアノブに手を近づける、手を引く」といった動作でなどの動作だけでドアの解錠や施錠ができます。エンジンのオンオフも、キーを入れたままでOKです。

 

防犯性を高めるためのエンジンの鍵「イモビライザーキー」

IDを利用した鍵で、キー内部のIDと車本体のIDが一致した場合のみエンジンを始動させます。あくまでエンジンに関する鍵であり、これそのものにドアの開錠・施錠機能はないため、リモコンキーとの組み合わせで使います。

 

エンジンがかからなければ車が走らないため、侵入されたとしても乗り逃げや盗難を防止でき、防犯性能を大きく高められる鍵です。

 

金庫・ロッカーに使われる鍵の種類・特徴

金庫・ロッカーに使われる鍵の種類としては、主に次の4つが挙げられます。

 

鍵の持ち歩き不要、数字を合わせて解錠する「ダイヤルキー」

ダイヤルを回して数字を合わせ、開錠するタイプの昔ながらの鍵で、金庫によく使われています。故障が少ないのが大きなメリットです。

 

鍵を差し込んで回すタイプの「シリンダーキー」

鍵を差しこんで回すタイプの鍵です。金庫にも使われますが、ロッカーで使われることが特に多いです。こちらも故障が少なく、さらにダイヤルキーのように番号を覚えておく必要もありません。

 

セキュリティが高めの「電気錠」

住宅に使われる電気錠と同様に、電気的に開錠・施錠ができるシステムを組みこんだもので、セキュリティが高められていることが特徴です。

 

セキュリティに問題を感じたら対策を検討しよう

「鍵」とひと言で言っても、いろんな種類があり、その使用用途や防犯性能もさまざまです。

もし「我が家の鍵はセキュリティが低い」と感じた場合は、ぜひ鍵の取り替えや補助錠の使用を前向きに検討してみて下さいね。

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19