株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

自宅の鍵、その選び方のポイントとは

鍵を上手に選ぶ選び方とは

鍵は現代社会になくてはならないもので、誰でもいくつか持ち歩いているものです。
鍵にはさまざまな種類があり、用途も異なります。
最近の車の鍵はほとんどがリモコン式でキーレス化しています。
住宅などに使われているものなら、その家やマンションが建てられた年代によって使用されているタイプも異なります。

当然最近建てられたものは防犯機能に優れ、セキュリティーが強化されているという特長があります。
一般的に住宅に使用されているものは、シリンダー錠と呼ばれるタイプのものです。
太い金属の外筒の中に、一回り小さい内筒があるという構造です。

差し込むと、内筒が回転して開きます。外筒と内筒を貫くようにタンブラーが設置されており、差し込んで回すことによってそのタンブラーが解除されます。
一般的なものからマンションで使われているものもあり、防犯機能が優れているものもあれば、それほどでもないものもあります。

古めの住宅やオートロックなどのセキュリティー機能がない建物なら、防犯のためもう一つ補助錠を設置するという方法もあります。
補助錠の選び方はさまざまですが、どのような家に住んでいるか、賃貸か自己所有かによって選択するものが異なります。

最近のオートロックマンションやアパートで見かけるものの中にはキーレスのものも多く存在します。
主なものは暗証番号をプッシュして開く暗証番号型や、ホテルなどでよく見るカード型などです。
差し込み口がないので、ピッキングの被害に遭わないという利点があります。

また適当に入力しても番号をマッチさせることはないため、セキュリティーにも優れた効果を発揮します。
一方、番号を忘れる危険があります。
カード型はスマートでオシャレですが、他のカードと一緒になってしまいやすく、財布に入れておくと一般のものより取り出す頻度が高くなります。

手に取る頻度が高いということは落としやすいという危険にもつながります。
もう少し高価なタイプで指紋認証などを取り入れているものもあります。


補助錠の選び方、防犯向上の方法

補助錠の最大の目的は、防犯機能の向上です。
メインの鍵と全く同じタイプのものでは防犯にならないため、選び方としては別のタイプを取り付ける、ということが大切になってきます。
例えば昔ながらのシリンダー錠がついているなら、最新型のシリンダー錠をつけたり、暗証番号を入れるタイプのものにしたりするという方法があります。
全く違うタイプなら開け方、構造が異なるため防犯となります。

賃貸など、自分でドアに補助錠を追加することができない場合もあります。
簡易式のタイプとして、ドアノブの鍵穴を隠すようにカバーをつけ、そのカバーに鍵をつけるという方法もあります。
これは工事も必要ないのでちょっとした安心のために取り付けやすい補助錠といえます。

玄関側のドアに補助錠をつけることも大切ですが、その他の侵入口をチェックすることも大切です。
アパートやオートロック機能のない建物の1階や2階の窓、一戸建て住宅の1階などは特に窓からの侵入という可能性があります。
一般的に窓には内側からロックできるクレセント錠がついていますが、これだけでは不十分です。

夏場で窓を開けることが多いなら、うっかりかけ忘れることもあります。
窓用防犯錠の中には換気をするために少しだけ窓を開けたままでも施錠可能なものもあります。
また窓にもう一つ補助錠があれば、クレセント錠を開ける際、もうひと手間かける必要があります。
場合によっては窓を割らないと侵入できないため、防犯対策となります。


鍵のトラブルが発生したら

鍵のトラブルは突然起こります。
うっかり車の鍵を車内に置き忘れてロックしてしまったり、家に置き忘れて出てきてしまったりしたことがある方もいるでしょう。
泥棒に入られたり、ピッキングされて鍵穴が壊れてしまったりするトラブルもあります。
それ自体が壊れてしまう、ということも発生します。

業者の選び方については何より、24時間365日いつでもどこでも対応してくれることが重要です。
最近では取り付けはもちろん、紛失などのトラブルに対応する会社のほとんどがインターネットで情報を公開しているので、いろいろな業者をチェックすると良いでしょう。

自宅の近くで頼りになるところや全国展開している業者、そしてスピーディーな対応ができるところを日ごろから探しておくと安心です。
ホームページのお客さまの声やよくある質問といったページには、実際に利用したお客さんの声が載せられているので参考になります。

どれくらい待って対応してもらえたか、おおまかな費用の概算などが分かると依頼しやすくなります。
修理時の支払い方法についてもチェックしておきましょう。
予期せぬときに業者を呼ばなければならない場合、手元に現金がないこともあるかもしれません。
クレジットカードや振り込みといった他の支払い方法があるなら安心です。

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19