株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

カードキーをなくした時の対処法

cardkey

もともとオフィスやホテルで利用されてきたカードキー。最近では財布などに入れたままタッチするだけで開錠できる便利なものもあり、ピッキングの心配もなく、自動で鍵が閉まることもあって普及が進んでいます。

 

しかし、手軽で便利な反面、財布を紛失した時に入れていたカードも一緒に紛失してしまうといったトラブルは起きやすいようです。

そこで今回は、カードキーを紛失した際の対処法についてまとめてみました。

 

・警察へ遺失届を提出する

 

カードキーを紛失した時には、それが自宅のものなのかオフィスやホテルのものなのかを問わず、窃盗などで悪用されないように対処が必要となります。

 

まずは、最寄りの交番や警察署に行って、落とし物をしたことを相談し、「遺失届」を提出します。こうすることで、落とし物が警察署に届けられた時に、持ち主に返還される可能性が高まります。

 

「遺失届」を出す時に記入する「遺失届出書」は交番などに用紙が用意されているほか、ホームページからダウンロードできるので、あらかじめ作成しておくことも可能です。

 

遺失届が受理されると受理番号が発行されますが、この番号は紛失してしまった場合の保険などに利用することがあるので、しっかりと控えておきましょう。

 

・管理会社や対応部署へ連絡する

 

警察に届け出をしたあとは「住宅」「オフィス」「ホテル」、どのカードキーかによって対応の方法が変わります。

 

・・住宅のカードキーを紛失したら大家さんや管理会社に連絡

 

賃貸を含めた住宅のカードキーを紛失した場合は、警察に届け出を出したら、大家さんや管理会社に連絡します。鍵を紛失してしまったことを話して、今後の対応を相談するためです。鍵がなければ自宅に入ることができないので、当分の間はスペアキーを借りたり、大家さんに開けてもらったりといった対応が必要となるでしょう。

 

また、合鍵を作ったり、鍵を交換したりするためには大家さんや管理会社の許可が必要となるので、そのための話も進めておきます。

 

・・オフィスのカードキーを紛失した場合は速やかに上司に連絡

 

オフィスのカードキーをなくしてしまった場合は、上司に速やかに連絡して対応を相談します。専門部署や担当が新しいカードキーを発行してくれるはずです。

 

勝手に再発行を行うなどの証拠隠滅を図ることはしないでおきましょう。管理番号などが振られていることが多く、基本的にはわかってしまうからです。ただの落とし物の話が、自分の信用問題までに拡大する可能性があることを頭に入れておきましょう。

 

・・ホテルのカードキーを紛失したら新しいカードが発行されることが多い

 

ホテルの場合は、フロントが紛失したカードキーを無効化して新しいカードを発行してくれることが多くなっています。ホテルの場合は複数枚のカードキーを渡される場合が多いので、別々に保管して、1枚なくした時にも部屋に入れるようにしておきましょう。

ホテルの規定にもよりますが、1,000~3,000円程度の新規発行手数料がかかる時もあります。

 

・鍵業者に開錠を依頼する

 

賃貸住宅のカードキーを紛失したケースでは、急な外出や休日で大家さんや管理会社に連絡がつかない時もあります。このようにやむを得ない場合は、鍵業者に開錠を依頼しましょう。鍵業者であれば、鍵を壊さずに開錠が可能です。

 

ただし、カードキーの場合は他のタイプの鍵と違って開錠できない場合も。その時は丸ごと交換しなければならないため、大家さんや管理会社との話し合いが必要となります。

鍵業者に依頼をする場合は、5,000円~の費用がかかります。

 

・・暗証番号を変えれば済むことが多いものの心配な場合は交換もできる

 

カードキーを紛失してしまった時には、カードキーの暗証番号を変えればいいだけなので、交換の必要がないことが多くなっています。しかし、心配なのでどうしても住宅のカードキーを交換したいという場合には、鍵業者に交換してもらうことも可能です。

 

カードキーはシリンダーを電子的な操作で開ける構造になっているため、シリンダーと一緒に丸ごと交換するのであれば、数万円単位の交換費用がかかる場合があります。

 

・カードキーを紛失したらすぐに相談を

 

今回はカードキーを紛失した時の対処法をみてきました。

カードキーを紛失した時には警察署に遺失届を出し、大家さんや管理会社、上司やホテルのフロントなどに速やかに連絡し、今後の動き方について相談する必要があります。

 

また、カードキーの場合は鍵業者が対応できない可能性も出てきます。紛失しないのが一番の対策なので、普段からなくさないよう気をつけて生活しましょう。

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19