株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

ベンツの鍵の紛失は要注意

イモビライザー搭載が大きな問題

日本でベンツは高級外国車メーカーの一つであり、長い間素晴らしい車を提供してきています。一度乗ってみると忘れられないほどの魅力がありますが、これは見た目だけではありません。ベンツの持つ高い安全性が、多くの人に選ばれてきた理由とも言えます。安全性は車がぶつかった事故のときだけを示すものではなく、鍵の構造などさまざまなところで評価されています。

もしも車が盗難にあったりすれば、大きな損害になります。車両本体価格の高いベンツであれば、損害額も比例して高額となります。最近の車種には、イモビライザーが取り付けられています。イモビライザーとは、車のエンジンを簡単にかけさせないための鍵の構造です。単に扉を開閉させるためだけのものではなく、電子的に一致した状態にならないとエンジンは始動しないという、セキュリティー上の仕組みです。通常の鍵の場合は、鍵山さえ合えばエンジンがかかります。イモビライザーが搭載されている場合は、電子チップが取り付けられており、内部に記憶したIDと車両側のIDが一致しなければエンジンはかかりません。この処理は1回だけではなく、複数回認証を繰り返してそのすべてが一致しなければかからない仕組みです。それだけ安全性の高い鍵になっています。

IDの一致というセキュリティーでは一見不十分のようにも見えますが、暗号化されたIDの組み合わせは驚くほど多く、複製はほぼ不可能です。非常に複雑な作りであり、ベンツの安全性を高めるポイントの一つとなっています。ただし、イモビライザーはエンジンをかけることを困難にする技術であり、ドアロックの解除を防ぐものではない点に注意が必要です


鍵の作成には必要な書類が多い

ベンツの鍵を紛失してしまった場合どこかで作らなければなりませんが、並行輸入車の場合にはすぐに作成できないという問題を抱えています。並行輸入店では作成する方法を持っていないため、ドイツのベンツ本社などに作成を依頼する必要があります。本社との情報のやり取りから始まり、輸送して到着するまで相当な日数がかかります。正規ディーラーで購入した場合でもかなりの時間を必要とするのは、ある意味セキュリティーの高さにもつながるポイントです。

問題なのは、扉が開いたとしてもイモビライザーがある点です。車のエンジンがかからないだけではなく、かけようとしただけで驚くような音が鳴ります。盗難防止用の仕組みですが、このような機能があるため、エンジンをかけずにレッカーで運ぶ必要があります。セキュリティーの高さが取り柄ではありますが、動かしたいときにも簡単に動かせないという場合があります。

複製する場合には、セキュリティーの問題から複数の書類をそろえることが求められます。車の所有者本人であることを証明しなければならない状況であるため、身分証明書のコピーは必須です。他にも車検証のコピーなどを提出しなければなりません。問題は名義が異なる場合です。お互いの関係を証明しなければならず、それだけでも時間がかかります。会社で使っているものである場合は、雇用されている状況を証明する書類の提出が求められます。社員証や名刺でもOKとする場合もありますが、手間がかかることには間違いありません。安全で安心というのは、簡単に作られているものではないということが実感できるでしょう


業者に複製を依頼する場合の注意

ベンツの鍵を複製できる業者はいろいろとありますが、イモビライザーに対応できるか否かが大事な条件です。ベンツのデータを持っているのであれば、作成できる可能性が高まります。複製の実績があったとしても、ベンツもどんどん新しい技術を投入してきているため、まだ情報が少なく作れないことも考えられます。依頼する場合には、グレードを含めて年式などもはっきりと伝え、対応できるかどうかを確認する必要があります。並行輸入車なのか正規輸入車なのかも話しておくと確実です

車内に忘れてしまったインキ―で困っている場合は扉が開けば問題ありませんが、紛失した場合はICチップの複製ができない可能性があります。何とかして開けたとしても、すぐに移動しなければならないときは、レッカーの依頼など対応方法も検討しておくことが求められます。

イモビライザー搭載型の場合には、費用もかなりかさみます。専用の機械が必要となるためで、ベンツは特に費用がかかりやすいと思っていいでしょう。機材の使用料金はそれぞれで異なるため、費用の概算すら予想できず、見積もり作成から始める必要があります。

こうした事態にならないように、紛失に備えて複製しておくのも方法です。時間も手間もかかりますが、紛失したときに対応できる速度を考えれば、平時に作る方が対応しやすくなります。紛失してからの複製では鍵データの取り寄せなどが発生してしまうため、手元に鍵がある状態で依頼した方が出費としても抑えることができます。時間の余裕もできるため、ベンツのような車に乗るときはいざというときに備えておくことが大切です

車の鍵を置き忘れた時にすること

最近の車は、走行性能や安全面が向上するだけではなく、鍵をささずにドアを開けたりエンジンを動かせるキーレス装備の車種が増えるなど、セキュリティ面についても進化しています。開け閉めなどの操作が離れた場所からでもできるので、より確実に車の管理をすることができるようになりました。しかし、いくら高度な機能を備えた鍵でも、使いたい時にどこかに置き忘れるなどして、手元にないのでは意味がありません。

持っていないことが分かった時は、いつもと違う所に置いていないか、身の回りに落ちていないかを確認することが大切です。慌てていろいろな場所を探そうと移動してしまうと、すぐそばにあっても見逃してしまい、状況を悪化させてしまう可能性があります。

近くに車の鍵がないことが分かった時は、スペアキーを使うのが最も簡単な解決方法です。家にいる時にいつも使っている鍵がないことが判明したのであれば、とりあえずスペアキーで間に合わせて、後で余裕を持って探すという方法もあります。外出先で紛失した場合でも、スペアキーを持って来てもらえるように、家にいる人に連絡するという方法もあります。とにかく早急に車を動かしたい時は、失くしたものを見つけることよりも、何とかスペアキーが使えないかを検討すると良いです。車を動かすことができれば、後の対処方法はたくさんあります。そのためには、家族全員が、スペアキーがどこにあるのかを分かりやすいようにしておき、いざという時にすぐに使える状態にしておくことが肝心です。


複数の対処方法が存在する

すぐに車で移動する必要がない場合は、ロードサービスやディーラーに連絡して対応してもらうのも良い方法です。ロードサービスに連絡すれば、その場に来て鍵を開けてくれますから、車内に車の鍵を置き忘れた可能性が高い時は有効な方法となります。ロードサービスの会員であれば無料で作業してくれることもありますが、現場に来るまでに時間が掛かることもありますので、どの位の時間で来てくれるかを確認しなくてはなりません。ディーラーは鍵を開けるといった対応は難しいものの、予備のキーを用意して駆けつけてくれることが期待できます。ディーラーの場所や日時によっては対応してくれないこともありますが、車関連で緊急の事態が起きた時のために、連絡先を控えておくのが得策です。

このように、車の鍵を紛失した時の対処方法はいくつかありますが、鍵業者であればドア開けと新しい鍵の作成のどちらにも対応してくれます。鍵についての専門家なので、さまざまなタイプの車に対処できる技術を持っています。ただし、従来の鍵穴に差すタイプしか対応できない業者もいますから、作業を依頼する前にキーレスタイプやイモビライザーが付いていても対処できるのか確認しなくてはなりません

スマートフォンなどを持っていれば、問題が発生してから適切な業者を探すこともできますが、事前に所有する車に対応できる業者を見付けておく方が安全です。ゆっくりと複数の業者を比較しておいた方が、対応可能な作業や出張可能エリア、料金などが満足できる業者を見付けることができます。置き忘れなどは、あまり頻繁には起こらないために事前の用意を忘れがちですが、しっかりと準備しておけばいざという時に役立ちます。


業者には詳細な情報まで伝える

車の鍵の紛失・キー閉じ込み(インロック)開け方
車の鍵を置き忘れた時に鍵業者に連絡する際は、メーカー、車種、年式、グレードなどの具体的な情報を伝えるようにします。詳しい情報を伝えないまま業者に来てもらうと、ドアは開けられたものの、新しい鍵を作るために別の業者に依頼しなければならない状況に陥ることもあります。

特にICチップが組み込まれてIDコードを使ってエンジンをかけるイモビライザーを紛失したのであれば、そのことを伝えなくてはなりません。イモビライザーに対応するためには高度な技術が要求されるだけではなく、使用する機材も専用のものを用意する必要があるため、事前に知らせておかないとイモビライザーに対応できる業者でも、機材が不足して作業を開始するまでに時間が掛かってしまいます。

業者に作業を依頼する時は、できるだけ詳しい情報を把握した上で電話連絡をして、スタッフに来てもらうことが重要です。365日24時間受け付けている業者も存在しますので、すぐに対応してもらうこともできます。いつでも受け付けてくれる業者を見つけておくと、早朝や深夜でも我慢して待つ必要もなく安心です。そのまま放置しておくことで二次被害が起こる可能性もありますので、必要であれば夜中でもすぐに業者に来てもらうようにするべきです。支払いについては現金だけではなく、クレジットカード支払いも可能な業者ならば、手持ちの現金が少なくても安心です。安全に車を管理するためには、高い技術力を持ち、信頼して任せられる業者を見つけておくことが必要となります。

キーレス錠の概要と特徴や動作不良の問題について

 自動車のドアは、以前であれば鍵穴にキーを差し込んで開閉するタイプが一般的でしたが、現在では多くの車にキーレス錠が標準装備されています。キーレス錠は、その名の通りにキーを使用せずにドアの開閉をすることができるものです。リモコン機能が搭載されていることから鍵穴にキーを差し込む必要はなく、ボタン操作だけでドアの開閉をすることが可能になります。そのため、ドアを開閉する際にかかる時間やエネルギーが少なくて済み、買いこんだ荷物を抱えている時や、小さい子どもの世話に手がかかる場合などに便利です。

 このアイテムと類似したものに、スマートキーがあります。こちらもキーを使用せず、ボタン操作だけで鍵の開閉をすることが可能になります。ただし、キーレス錠は基本的に鍵の開閉のためだけに使用するものですが、スマートキーにはエンジン始動など他の機能も搭載されているという違いがあります。

 キーレス錠は便利なツールですが、場合によってはボタンを押しても動作しなくなる可能性があります。そのような場合には、まず不具合の発生した原因を究明することによって、修理の可否や方法を判断することができます。

 キーレス錠が動作しなくなる原因としては、電池切れや車のバッテリー上がり、機器の故障などが挙げられます。複数の原因が考えられるため、修理などを検討する前に原因の切り分けをする必要があります。


まずは不具合の発生した原因を究明しよう

 手持ちのキーレス錠が動作しなくなってしまった場合、修理などについて検討する前に車のエンジンを始動することが可能か否かを確認してみると良いでしょう。車のエンジンが始動しない場合、バッテリーが上がっている可能性があります。バッテリーの電力はエンジンの始動やライトの点灯などの他に、キーレス錠によるドアロックの開閉にも使用されているため、バッテリー上がりが発生していると、キーレス錠のボタンを押しても動作しなくなります。

 バッテリー上がりが発生した場合には、その車を別の車とケーブルで接続し、電力を分けてもらうという方法で解決することができます。こちらはジャンピングスタートと呼ばれる方法ですが、自分で別の車を用意することができない場合、専門業者のサービスを利用することも可能です。バッテリー上がりが解消してもキーレス錠が動かなければ、本体の不具合ということになります。

 一方車のエンジンが始動できる場合、バッテリーの電力は供給されていると判断することができます。この場合、車には問題はなくキーレス錠自体が不具合を起こしていることとなり、動作不良は電池切れか機器の故障によるものである可能性が高くなります

 キーレス錠は、ボタン電池によって動作していることが多く、電池交換の方法は車の説明書などに記載されているので、自分で電池を交換することも可能です。ただし、説明書を読んでも内容が理解できない場合や自分で作業をするのは不安な場合、面倒な場合には専門の業者にサポートを依頼するのが良いでしょう

 機器の故障は、本体もしくは車の受信機のどちらかに発生している可能性があります。いずれにしても機械なので、落下や衝突、度重なる使用や長い年月の経過による部品の摩耗、損傷などから故障が発生するリスクが生じます。


専門の業者にサポートを依頼する場合のチェックポイント

 キーレス錠の修理を自分で試みたものの、不具合が解消しない場合は、専門業者にサポートしてもらうことも可能になります。その道のエキスパートは充実した設備や機器、確かなノウハウ、高度なスキルを活用して、素人では解決できない問題も解決することができます

 キーレス錠の修理業者にもさまざまなところがあるので、利用するにあたっては会社の選び方もチェックポイントになります。例えば、取り扱っている部品やサービス料金、作業にかかる時間などは業者によっても違いがあるので、あらかじめ確認しておくことが大切です。

 中でも出張型のサービスを提供している業者は、電話などで顧客からの依頼を受けた後、トラブルの発生している現場に急行して作業をしてくれます。そのため、顧客は自分で屋外の店舗を訪れる必要がなく、現地までの往復にかかる時間やエネルギーを負担せずに済みます。また、フリーダイヤルの受付電話番号を用意している業者は、連絡する際の通話料もかからないのでコスト面でのメリットがあり、お得に利用することができます。

 鍵に関するトラブルはいつ、どこで発生するか分からないことが多いものです。したがって、業者を選定する際には営業時間やサービスの対象エリアもチェックしておくことをおすすめします。中でも24時間営業で日本全国を対象としてサービスを提供している会社は、幅広い場面で利用することができます。なお、手続きをスムーズに進めたいと考えるのであれば、担当者に連絡を入れる際、車のメーカーや車種、年式などを伝えておくと良いでしょう

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19