株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

ホンダのスマートカードキーをなくしたときに備えて

■ほとんどの車に搭載されるようになったスマートエントリー

車の鍵は、セキュリティーの問題から、常に進化を続けてきました。屋外に保管されるケースが大半を占める車という大事な資産を守るためには、セキュリティーとして鍵が重要な意味を持ちます。幾重にもロックをかける方法もありますが、これでは使い勝手が下がります。自分で開けたいときにも時間がかかるからです。セキュリティーと使い勝手の両者の問題を解決するために、さまざまな技術が開発されてきました。そのひとつがスマートエントリーと呼ばれるシステムで、ホンダの場合には、スマートカードキーです

スマートエントリーとは、キーレスエントリーの進化版ともいえる技術です。鍵を挿し込んで開ける必要をなくしたキーレスエントリーは鍵からボタン操作で開閉させました。さらに、スマートエントリーでは、ボタンを押す必要をなくし、近づくだけで開くものやドアについたボタンに触れるだけでいいという技術です。エンジンをかける場合にも、スタートボタンを操作するだけになっており、挿し込んで回す必要がありません。もともとは高級車に採用されたシステムでしたが、現在は小型車や軽自動車でも標準化しつつあります。それほど便利なシステムであり、簡単に扱えるようになりました。

鍵と車本体で無線通信をおこない、情報が一致したときだけ開閉などの機能が成立します。施錠したときには、ハザードランプの点灯やルームランプが点滅するなど表示方法もメーカーによってさまざまです。ドアの開閉だけではなく、エンジンにイモビライザーをつけたり、ハンドルロックを連動させたりすることで、セキュリティーをさらに高めているのも特徴です


■スマートカードキーの持つ問題

ホンダのスマートカードキーをはじめ、スマートエントリーは大変便利なシステムで、携帯機となる鍵を社内に置き忘れたときには、インキ―防止のため鍵がかからないようになっています。警告音が鳴るものもありますが、便利と思って安心していると、通信ができない状態が発生して鍵が閉まってしまうケースもあります

これまでにはなかった問題として、鍵としての存在感が薄れるという点が挙げられます。以前は鍵を使って操作していたエンジンの始動などもそのままスタートボタンを操作するだけでかけられるからです。本来は鍵を使ってエンジンの停止もしますが、夫婦などで共有している場合、どちらかが持って車外に出てしまうと、停止して施錠もできません。車で駅に送ったときに、鍵を持って行かれた状態に気がつかなければ、そのまま操作できない事態にも陥ります。もちろん、防止機能もいろいろと考えられていますが、すべての状況に対応できるわけではありませんので注意が必要です。

そして、鍵としての存在感がなくなった現在では、どこかに紛失してしまうと、以前よりも複製が厳しくなります。購入時に渡される鍵はひとつだけなのが基本であり、最初に作っておくのが一番です。車自体に登録しなければいけないため、メーカーや車種によって登録数が定められています。複数持つのは便利ですが、あまりに多くなると、通信が競合したりすることで失敗するケースも出てきます。非常に手間がかかりますが、紛失すればさらに大きな手間をかけなければいけません。


■なくしたときに備えて対応方法を見つけておく

ホンダのスマートカードキーは大変便利なシステムで、ハイブリッドシステムの起動も単純です。持ち去り警告も搭載していますし、車から離れるときにも警告ブザーが鳴ります。もしも、電池が切れたとしても、手動で開けられるように内部に鍵がセットされました。これにより、機械的にも開錠できるので、安心感があります。

問題は紛失したときで、イモビライザーに登録しなければいけません。非常に手間がかかる作業であり、ディーラーに依頼すると、内部のコンピューターの初期化ができないため、新規登録になってしまうことがあります。そうなると、非常に高額な費用を請求されます。その間はエンジンの始動もできないため、レッカーで移動するなどの費用も必要です

鍵の専門店の中には、スマートカードキーにも対応しているところがあります。こうした業者の場合、内部のコンピューターを交換せずに作成する方法をとるため、そこまでの費用がかかりません。ただし、どんな車種でも対応できるわけではなく、車の生産された時期などで使えないケースもあります。一方、即日製作できるケースもあるため、紛失したらすぐに連絡してみるのが良いでしょう。

便利なシステムで、いろいろな機能も搭載されていますが、電子的な内容だからこそ、紛失してしまったら大きな問題を生じます。納車の前に複製してもらうのが紛失に対するひとつの対策にはなりますが、費用がかかってしまいます。仮になくしてしまったときを考えて、対策できる業者をチェックしておくのが安心です

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19