株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

原付の鍵をメットインの中に閉じ込めたときの対処法

■自分でこじ開けるのは大きなリスクが待っている

原付は購入価格やランニングコストも車に比べて抑えられ、移動手段のひとつとして手軽に利用できる乗り物です。原付に乗るときにはヘルメットを被ることが義務付けられていますが、ヘルメットが入るメットインという場所があるので、普段はそこに収納しておけます。しかし、ほんのわずかな油断によって、ここに鍵を閉じ込めてしまうケースが起きています

原付の基本的な構造として、メットインは鍵を挿し込むことで開くようになっている仕組みのものが多いです。そのまま操作している限り、閉じ込めてしまうようなケースはほぼないでしょう。もし鍵を中に入れてしまっても、合鍵があれば取り出せます。しかしながら、合鍵がなかった場合には差し込む鍵がないため、メットインをどうやって開けるかを考えなければいけません。

車種によって対応も違いますが樹脂製のシートカバーが持ち上がるならば、持ち上げてできたすき間から手を入れて取る方法があります。あまりに強い力をかければ破損して交換しなければいけない状況になってしまうので、無理矢理開けることはせず、慎重に行いましょう。破損まではいかなくても、シートが破れてしまう場合もありますし、変形して元に戻らないといったケースも考えられます。そもそも手が入るすき間がなければできない方法です。

シートが持ち上がらないタイプであったり、持ち上がったとしてもすき間が小さく手が入らなかったりした場合には、専門の業者に依頼して開錠してもらうようにしましょう。依頼できる先としては、バイク専門店となりますが、鍵専門店にも依頼できるため、それぞれの方法で検討が必要です。


■バイク専門店などに依頼した場合

バイク専門店に施錠を依頼する場合、購入したところにお願いをする方法もありますし、量販店になっている店舗でもいいでしょう。バイクの専門店として、対応してくれる可能性が高いですが、すぐに対応をしてもらいたいのではれば自分で持ち込まなければいけないことが多いです。バイクを自分で押していける状態かどうかがポイントになりますが、ハンドルロックをかけた状態だと厳しいです。料金もそれぞれで違いますので、連絡したときに尋ねておきましょう

そしてバイク専門店の場合には、施錠をその場でできない可能性があります。人数が少なく作業に当たる人員が不足、メーカーから鍵を含め取り寄せるためです。そうすると作業は後日になるため、即時の対応ができるかどうか依頼前に確認しましょう。普段からよく利用しているところであれば、トラックで回収しに来てくれることもあります

ロードサービスは、原付の鍵の閉じ込めも対応してくれますが、会員になるために決められている会費が必要です。鍵を専門としているサービスではなく、車などのトラブルに対応するサービスをいろいろと展開しているので、繁忙期に入ると順番待ちがしばしば発生します。会員とはいえすぐに対応してもらえない可能性もあるため、しばらくメットインに鍵を閉じ込めたままでいるときは注意しましょう。

鍵専門店であれば基本的に鍵のトラブルに特化したサービスが主となるため、作業に当たることが可能なスタッフが多く存在していて迅速に駆けつけてもらえます


■開錠する際に専門店に依頼するメリット

メットインを開けるために鍵の専門店に依頼する場合は、原付のあるところまで来てくれる場合が多いです。現地で作業してもらいますが、即日対応してくれる業者かどうかは、どの業者に依頼するかを決めるのにとても大事なポイントです。閉じ込めた鍵を回収するだけではなく、その場で複製を依頼できるので便利でもあります。予備を作ることができますし、プロが作業に当たってくれるので時間も短くて済みます。連絡したときに車種と場所を伝えて見積もりも依頼しておけば、出張料も含めて料金を明確に教えてくれます。ただし、キャンセル料がかかるという注意点があります。依頼する場合には間違いないようにしましょう。

専門店の中には、料金の支払い方法で現金以外にクレジットカード決済にも対応しているところもあります。原付のメットインの中に鍵を閉じ込めてしまうようなトラブルは予期せず起こしてしまう場合が多く、対応してもらった後に支払い費用を持ち合わせていないという状況もあるでしょう。クレジットカード決済に対応していれば、持ち合わせがないときでも支払いができます

依頼時には、自分の原付であると確認が取れなければ作業してもらえないため必ず身分証の提示をしなければなりません。身分証は運転免許証で問題ありませんが、お財布も荷物と一緒にメットインの中に入れてしまっているのであれば提示できないので、お財布はできるだけ持ち歩くようにしましょう。少しでも早く取り出したいという状況を考えれば、専門店に依頼して開錠してもらうのは時間も早く確実で有効な手段です

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19