株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

原付の鍵をメットインの中に閉じ込めたときの対処法

自分でこじ開けるのは大きなリスクが待っている

原付は購入価格やランニングコストも車に比べて抑えられ、移動手段のひとつとして手軽に利用できる乗り物です。原付に乗るときにはヘルメットを被ることが義務付けられていますが、ヘルメットが入るメットインという場所があるので、普段はそこに収納しておけます。しかし、ほんのわずかな油断によって、ここに鍵を閉じ込めてしまうケースが起きています

原付の基本的な構造として、メットインは鍵を挿し込むことで開くようになっている仕組みのものが多いです。そのまま操作している限り、閉じ込めてしまうようなケースはほぼないでしょう。もし鍵を中に入れてしまっても、合鍵があれば取り出せます。しかしながら、合鍵がなかった場合には差し込む鍵がないため、メットインをどうやって開けるかを考えなければいけません。

車種によって対応も違いますが樹脂製のシートカバーが持ち上がるならば、持ち上げてできたすき間から手を入れて取る方法があります。あまりに強い力をかければ破損して交換しなければいけない状況になってしまうので、無理矢理開けることはせず、慎重に行いましょう。破損まではいかなくても、シートが破れてしまう場合もありますし、変形して元に戻らないといったケースも考えられます。そもそも手が入るすき間がなければできない方法です。

シートが持ち上がらないタイプであったり、持ち上がったとしてもすき間が小さく手が入らなかったりした場合には、専門の業者に依頼して開錠してもらうようにしましょう。依頼できる先としては、バイク専門店となりますが、鍵専門店にも依頼できるため、それぞれの方法で検討が必要です。


バイク専門店などに依頼した場合

バイク専門店に施錠を依頼する場合、購入したところにお願いをする方法もありますし、量販店になっている店舗でもいいでしょう。バイクの専門店として、対応してくれる可能性が高いですが、すぐに対応をしてもらいたいのではれば自分で持ち込まなければいけないことが多いです。バイクを自分で押していける状態かどうかがポイントになりますが、ハンドルロックをかけた状態だと厳しいです。料金もそれぞれで違いますので、連絡したときに尋ねておきましょう

そしてバイク専門店の場合には、施錠をその場でできない可能性があります。人数が少なく作業に当たる人員が不足、メーカーから鍵を含め取り寄せるためです。そうすると作業は後日になるため、即時の対応ができるかどうか依頼前に確認しましょう。普段からよく利用しているところであれば、トラックで回収しに来てくれることもあります

ロードサービスは、原付の鍵の閉じ込めも対応してくれますが、会員になるために決められている会費が必要です。鍵を専門としているサービスではなく、車などのトラブルに対応するサービスをいろいろと展開しているので、繁忙期に入ると順番待ちがしばしば発生します。会員とはいえすぐに対応してもらえない可能性もあるため、しばらくメットインに鍵を閉じ込めたままでいるときは注意しましょう。

鍵専門店であれば基本的に鍵のトラブルに特化したサービスが主となるため、作業に当たることが可能なスタッフが多く存在していて迅速に駆けつけてもらえます


開錠する際に専門店に依頼するメリット

メットインを開けるために鍵の専門店に依頼する場合は、原付のあるところまで来てくれる場合が多いです。現地で作業してもらいますが、即日対応してくれる業者かどうかは、どの業者に依頼するかを決めるのにとても大事なポイントです。閉じ込めた鍵を回収するだけではなく、その場で複製を依頼できるので便利でもあります。予備を作ることができますし、プロが作業に当たってくれるので時間も短くて済みます。連絡したときに車種と場所を伝えて見積もりも依頼しておけば、出張料も含めて料金を明確に教えてくれます。ただし、キャンセル料がかかるという注意点があります。依頼する場合には間違いないようにしましょう。

専門店の中には、料金の支払い方法で現金以外にクレジットカード決済にも対応しているところもあります。原付のメットインの中に鍵を閉じ込めてしまうようなトラブルは予期せず起こしてしまう場合が多く、対応してもらった後に支払い費用を持ち合わせていないという状況もあるでしょう。クレジットカード決済に対応していれば、持ち合わせがないときでも支払いができます

依頼時には、自分の原付であると確認が取れなければ作業してもらえないため必ず身分証の提示をしなければなりません。身分証は運転免許証で問題ありませんが、お財布も荷物と一緒にメットインの中に入れてしまっているのであれば提示できないので、お財布はできるだけ持ち歩くようにしましょう。少しでも早く取り出したいという状況を考えれば、専門店に依頼して開錠してもらうのは時間も早く確実で有効な手段です

原付の鍵を閉じ込めた時のために知っておくべきこと

原付で起こりがちなキートラブルとは

鍵を車内に閉じ込めたままロックしてしまうことをインキーと言います。車を運転する人にとってはよく起こりがちなトラブルとして周知されていますが、実は原付のスクーターやバイク全般にも言えることです。原付の場合には、メットインと呼ばれるヘルメットを収納するために設置されているシート下のトランクをインキーしてしまうケースが大半です。
なぜこれが起こるのかと言うと、多くのライダーにとってロックするという行為が日常的な流れの中で行われているためです。いつも通りに原付を駐車するといった行動に、考え事があったり急用があったりなど普段と違う要素が加わることで、メットインの中に置いたままになっていた鍵をうっかり閉じ込めてしまうという事態へと発展することがあるのです。
原付におけるインキーは、免許を取得したばかりの初心者よりも、免許を取って1年以上が経過している乗り慣れたライダーの方がより発生率の高い傾向にあります。これは、インキーが慣れや油断が原因で起こるトラブルであることを意味しています。いつもと同じように道を走り、いつもと同じ場所へと到着する場合であっても、駐車する際には特に気を引き締める必要があります。閉じ込めを防ぐためには、平常心が欠かせません。指さし確認などを行って慎重に行動することが一番の予防策となります。また、こういったトラブルに備える方法としては、原付のスペアキーを作って自分以外の家族にも持っていてもらう、あるいはスペアキーの保管場所を決めておくといった対処が有効です。万が一トラブルが発生した時のために、連絡すればすぐに駆けつけてもらえる事業者を事前に見つけておき、連絡先を控えて携帯しておくことも大切です。

インキーした場合の正しい対処法

原付

原付でインキーした時に、多くの人がやってしまいがちな対処法として、鍵を閉じ込めてしまったメットインを無理やりこじ開けるというものがありますが、これは絶対にやってはいけません。シートを引っ張る、マイナスドライバーを使うなどといった具体的な方法がインターネット上に飛び交っていますが、素人がむやみに手を出すとかえって何かが壊れてしまい、取り返しのつかない事態に陥る可能性が高くなります。
また、手っ取り早い方法としてロードサービスやなじみのあるバイク屋さんに相談するという対処法もよく聞かれるところです。しかし、いずれも鍵の専門家ではありませんし、特に原付のインキーには慣れていないという側面もあります。結局は専門業者に依頼をしなければならず、手間も料金も余計にかかってしまいかねません。つまり、インキーが発生した際には、最初から鍵の専門家に依頼すると間違いないでしょう。
鍵の専門家とは、鍵の修理や交換、スペアキーの作製などを行っている事業者のことです。車や原付に限らず、玄関ドアや金庫など幅広く取り扱っている事業者の方がより知識が広く専門性が高くなります。例えば水回りトラブルなどを請け負う会社が主体となっている事業者もありますが、主体となる部門が大きければそれだけ築き上げてきたネットワークと実績があるため、充実したサービスを受けられる可能性が大きくなります。事業者を調べる場合には、365日24時間対応であること、47都道府県にスタッフが配置されていることを条件にすると確実です。さらに、料金についても事前に見積もりを作成してくれる事業者であれば安心と言えます。

インキーへの対処だけじゃないさまざまなサービス

原付
鍵のトラブルが発生した際に駆けつけてくれる事業者が行っているサービスは、多岐にわたります。中でも、最も依頼件数が多いのは開錠の依頼です。原付などで閉じ込めてしまったケースもこれに該当しますが、一刻も早く何とかしたいという切実な事態を伴うため、基本的には365日24時間日本全国どこでも対応してくれる事業者を選ぶのが最善策です。
最近では、防犯面の問題から複雑な構造の鍵を採用している建物が増えてきており、専門家でも開けるのが難しいケースも少なくないのが実情です。そのような状況に備え、万が一開けられなかったら無料と広告等に掲載している事業者は信頼が置けます。新しく鍵を取り付けたい場合の取り付け作業や、より防犯性の高い鍵へと替えたい場合の交換作業も行ってもらえます。住宅だけでなく、会社や倉庫などにも対応しているので、ビジネスの分野でも頼もしいパートナーとなります。
原付等における鍵の閉じ込めを予防するために、スペアキーを作っておきたい際も事業者の出番です。マスターキーを元にスペアキーを作るのが一般的な方法ですが、手元に実物がなくても鍵穴さえあれば作製することができます。そのため、紛失して見つからない場合にも助かるサービスです。さらに、鍵穴に異物が詰まってしまったり、鍵がうまく回らないといったトラブルなどの修理も得意とする分野です。ただ単に修理するだけでなく、不具合が発生した原因の追究や予防策についても詳しく説明してもらえるのも専門家ならではと言えます。

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19