株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

必見!玄関の鍵が回らない、家のドアが開かない理由

トラブルは鍵そのものにある?

 玄関の鍵を開けようとしたら以前と比べると抜き差ししづらい、回りづらいと感じたことはありませんか?もしそのような症状がみられたら、回らない原因はいくつか考えられます。例えば鍵そのものや鍵穴に問題が発生している、という可能性です。

 鍵は長い間使用を続けていると、不具合が発生する確率が高まります。長く使用しているのであれば、原因が鍵なのかを確かめるため、スペアキーで開け閉めしましょう。スペアキーでは回しやすい、抜き差ししやすいというのであれば、これは鍵そのものに不具合があると考えられます。どこかが少し曲がっている、長年使い続けたことが原因で少し削れてしまったと、などが原因の候補として挙げられます。力がかかり続けたことで少し変形している可能性もあるので、新しい鍵を作ることで解決します。

 外出する際に洋服のポケットやかばんの中に入れっぱなしにしていると、服の繊維やかばんの中の小さなごみなどが溝などに付着して回りづらくなっていることもあります。近年セキュリティーに優れている点が評価されディンプルキーが人気ですが、形状的に穴やくぼみにほこりなどが溜まりやすいという特徴があります。穴にほこりがたまっているだけでも開閉しやすさに影響を与えるため、ブラシなどで定期的にお手入れをしておきましょう。

 もしスペアキーを使っても開けづらいのであれば、原因はドアの方にあると推測できます。鍵穴の内部にたまったほこりが原因で各パーツの動きが悪くなり、抜き差しや回しやすさに影響を与えています。このような場合には、鍵穴に掃除機を近づけて中のごみを吸いましょう。メーカー指定の潤滑剤などがあれば、潤滑剤を鍵穴に吹き付けることで滑りを復活させられます。


鍵ではなく、ドアの方に原因がある可能性も

 鍵や鍵穴には問題がないのに回らない、というのであれば、ドアに問題が発生していることも考えられます。

 まず疑うべきなのは、長年使い続けたことでストライクの位置がずれているのでは、ということです。ストライクとは受座のことで、ラッチを受けるための金具です。ねじなどで止められていますが、特に強い衝撃を与えなくても、徐々に位置がずれてしまい症状が現れることがあります。

 このほかに原因として考えられるのは、箱錠です。ドアの中にはいろいろな部品が入っています。この部品のどこかが変形したりキズがついていたりすると、形が変わってしまったことでスムーズに鍵が入って行かない、かみ合わせが悪く回らない、という事態が起こっているかもしれません。

 シリンダー部分にトラブルが起きていることもあります。シリンダーがガタついているとき、鍵が空回りしてしまい、ドアが開けづらくなります。これは箱錠や錠ケースとの間にできた隙間が原因です。
玄関のドアに問題が起きている場合、素人が対処するのは難しくなります。そのため、プロの業者を速やかに呼んで、修理や交換など必要な作業をお願いした方が安心です。業者の中には深夜や早朝、祝祭日でも対応していることもあり、トラブルが起こったときに依頼できます。玄関のドアにトラブルが発生すると、万が一のことを考えて外出がしづらくなることもあります。自分でどうにかしようと考えるのではなく、専門家にお任せするようにしましょう。


メンテナンスの問題でトラブルが発生する?

 玄関の鍵が回らない原因として、メンテナンス不足というケースも考えられます。例えばシリンダーの部分の掃除を定期的に行わないと、場所によっては砂やほこりなどのごみが付着してしまいます。シリンダーにごみがたまると、鍵を抜き差ししたときにごみが内部に入り込んでしまう恐れがあります。その結果、かみ合わせが悪くなって、うまく回らない、刺さりづらいといった症状が発生します。

 鍵を設置する際には、シリンダーの中に潤滑剤が入っており、この働きによってスムーズに回るようになっています。しかし長い間潤滑剤の追加を行っていないと、徐々に効果が低下し、結果的に不具合に発展していくことが考えられます。この場合は回りにづらいのは油が足りなくなったためなので、シリンダーに油さしをすると回復します。自分で油さしを行うことも可能ですが、うまくできなければ油にほこりが付着しやすくなり、詰まりの原因となって、かえってドアが開きづらくなってしまいます。これは鍵のロックを解除するには鍵とシリンダーの段差を合わせる必要があるためです。非常に微妙なバランスの元に構造が成り立っているので、ちょっとしたほこりがついてしまっただけでも、その動きに悪影響を与えることもあります

 特にディンプルキーは従来のモデルよりも壊れやすいという性質を持っています。タンブラーのピンで構成され、そのばねの上げ下げなどで回転を制御して開け閉めを可能にしているためです。ちりやほこりが入ってしまうとその動きを邪魔して、回りづらい、引っ掛かりを感じるなどのトラブルを誘発します。そのため動きが悪いからといって安易に油をさすのは控えて、業者に依頼した方が無難です。

種類と構造

まるで小さなハンドバッグのようなどこか愛らしいフォルムの南京錠は、古代ローマ時代から現代に至るまで世界中で使用され続けています。その理由は何といっても持ち運びが可能であるという点で、移動時に手持ちの貴重品を管理する場合などは特に利便性の高さの恩恵を受けています。またサイズがさほど大きくなく比較的安価で購入できて、さらに取扱いが誰でも簡単にできるという点が、紀元前からずっと利用されている理由です。
南京錠は上部にツルと呼ばれるU字型の金属がささっていて、本体は鍵式とダイヤル式の大きく二種類に分類されます。鍵式はシリンダー式とも呼ばれ、本体の前面または下部に鍵を差し込んで開錠します。ダイヤル式は、複数並んでいるダイヤルの数字を各自決めておいた三桁から五桁の数字に組み合わせて開錠するタイプです。鍵式は鍵を持っている者だけが開けられるので防犯性が高い代わりに、鍵をなくしてしまうと開けられません。一方ダイヤル式はあらかじめ決めた番号を覚えていれば誰でも開けられるので、複数で共有物を管理する際には非常に便利です。
鍵式は内部に埋め込まれている長さが異なる複数のピンの高さを一定に揃えて開ける、ピンタンブラー式という構造になっています。鍵がギザギザしているのは、差し込んだときに全てのピンの高さが合うようにするためです。
ダイヤル式は、ダイヤル部分と回転軸に付けられた凹凸を決められた数字を並べてかみ合わせていくという単純なつくりなので、どうしても鍵式よりも防犯性が低くなってしまいます。そのため、かける場所には注意が必要です。

状況に応じた用途

南京錠はもともと鍵式から出発しましたが、ダイヤル式ができてからは鍵を持ち歩かなくても番号さえ覚えていればすぐに開けられるという便利さから、現在はダイヤル式の方が好んで使われている傾向にあります。しかし防犯面では鍵式の方が上ですので、様々な場面で使い分けられています。
鍵を使って施錠する鍵式は、個人所有のものをより安全に管理するのに向いています。ただし鍵をなくしてしまえば開けられませんので、合鍵を鍵業者に作ってもらって保管しておくことをおすすめします。合鍵があれば複数人での所有も可能になり便利ですが、鍵を持つ側の責任も問われるため扱いには注意しなければなりません。
また近年鍵式は見た目のかわいらしさから、バッグなどに付けるファッショナブルなチャームや恋人同士が愛を誓うグッズとして、本来の目的とは少し違う形で親しまれています。本体部分を様々な色や形にアレンジして作られているものもあり、おしゃれアイテムという新しい要素も併せ持っているのが鍵式南京錠の大きな特徴です。
鍵を用いずに暗証番号で開ける現代的なダイヤル式は、建物や駐車場といった共有物の管理に非常に適しています。製造された当初は三桁でしたが、今では五桁まで増えて防犯面においてもより安全性が高くなりました。もちろん暗証番号を忘れてしまえば元も子もありませんので、しっかり覚えておくようにしましょう。個人管理のものではキャッシュカードなどと同様、誕生日や電話番号など他人に簡単に知られてしまいやすい番号を使わないよう気を付けてください。

非常時の開け方と壊し方

南京錠の鍵をなくしたり暗証番号を忘れてしまったりしたときは鍵業者に頼むことが最も確実ですが、業者に頼んでいる時間がないなどどうしても自力で開けたいという状況もあります。そのような場合にはいくつかの対処方法がありますので、困ったときには試してみましょう。
まず鍵式を鍵無しで開けるには、細い金属を二本差し込んで鍵代わりにする、いわゆるピッキングという方法を用います。針金はもちろん、クリップや安全ピンなど手持ちの身近な日用品でも代用できます。その場合は一本をくの字に、もう一本を真っすぐな形に変えてから使います。はじめにくの字の方を鍵穴に差し込み、開ける方向に力を入れて回します。その状態でもう一本の真っすぐな方を差し込んで内部を削るような感覚で前後に動かし、内部のピンの高さが全て揃うと開きます。
ダイヤル式は鍵式よりも構造がシンプルですので、数字を一つずつ揃えて凹凸の引っかかりの感触を確かめていき、特に強く引っかかる数字を順に並べていけば簡単に開けられます。また0から9までの数字の組み合わせを順番に当てはめて調べていけばやがて開きますが、とてつもなく時間のかかる方法ですので業者に依頼する方が早く解決できます。
あるいは両者ともに、物理的に破壊して開錠するという方法もあります。ツル部分をワイヤーカッターやペンチで切断してしまえばすぐに開きますが、ツルの太さや材質によっては切れないものも存在します。鍵式なら、ハンマーで本体の側面やツルの先の部分を軽めにたたいても開くことがあります。これらはあくまでも最終手段であり、壊した鍵は二度と使えないのを念頭に置いて作業しましょう。

日々の暮らしの中で鍵が果たす役割などについて

最近では、空き巣などの犯罪手口が巧妙になってきています。
そのような状況の中で一人ひとりの財産を守るためには、従来よりも強固な防犯対策を講じる必要があります

住まいだけでなく車やロッカーなどの防犯性を高めるために、鍵をかけるという方法が一般的に行なわれています。
施錠は有効な防犯対策の一つですが、所持している鍵の紛失や破損といったトラブルが発生すると、日常生活に支障を来すリスクも生じてきます。

紛失して自分で探しても見つからない場合や、壊れて使用できない状態となった場合には、専門の業者にサポートを依頼することも検討しましょう。
また、自宅やマイカーなどの合鍵を複製したりセキュリティを向上させるために交換したりといった場合にも、専門業者を利用することができます。

鍵は、私たちの日常生活と深いつながりを持っているアイテムです。
また、鍵に関するトラブルやアクシデントはいつ発生するか予測がつかないことも多くなります。

そのような事情から、鍵の紛失などの問題が発生して待ったなしの状況に陥った場合には、専門業者によるスピーディーな対応が役立ちます。
特に、24時間、365日の営業体制を敷いている業者の場合、迅速な対応が期待されます。

また、対応できる鍵の種類は、業者によっても違いがあります。
そのため、作業を依頼する際には、自分の鍵に対応している業者を選ぶ必要があります。

業者の中でもさまざまな種類を取り扱っているところは、多様な活用場面が見つかることでしょう。
そして、作業が終わってから思いのほか高額な料金が請求されるといったトラブルを未然に防ぐためには、事前に見積もり金額を提示してくれる業者を選ぶのがおすすめです。


鍵を取り扱う際のチェックポイントとトラブルへの対処方法に関する情報

自宅や車に施錠しておくことで、自分がいない時に不審者に侵入されるなどの犯罪行為を防ぐことが可能となります。

また、合鍵を複製して別の場所に保管しておくと、不測の事態として鍵の紛失や破損などの問題が起こった場合にも合鍵で開錠することができます。
ただし、盗難に遭った可能性がある場合、盗まれた鍵が犯罪行為に使われるリスクがあるので、なるべく早く鍵を交換しておきましょう。

鍵の紛失や車内への閉じ込みといったトラブルが発生すると、自宅などの中に入れないという状況にも陥りかねません。
また、鍵がない状態で開錠するためには、熟練した技術が必要とされます。

そもそも鍵がなくても簡単に開錠することができれば、防犯対策の効果もそれだけ低くなってしまいます。
そうした事情から自分では問題が解決できないという場合には、専門業者にサポートを依頼するのもおすすめです。

専門業者は鍵穴から鍵を作製する技術を持っているので、鍵を紛失した場合にも安心して利用することが可能になります。

次に、一口に鍵と言ってもその種類はさまざまです。
最近では巧妙化する犯罪手口に対応するべく、従来よりも防犯性の高い鍵も数多く登場してきています。

それらを導入することで、自宅などのセキュリティを充実させることができます。
専門の業者に問い合わせや相談をすれば、一人ひとりの適性やニーズ、希望条件にマッチした鍵を紹介してくれます

安心して日常生活を送るための方法

私たちが安心して日常生活を送るためには、自宅や車などの鍵を適切な方法で使用することも大切になります。
例えば、鍵を紛失、破損した場面を想定して、鍵を複製して別々に保管しておくという方法もあります。

転ばぬ先の杖という格言もあるように、鍵は、犯罪の被害を未然に防止するために役立つアイテムです。
種類も豊富にあり、シリンダー錠や補助錠、電気錠など、犯罪防止に適した鍵も色々と出てきています。

鍵をなくした場合、少しの間だけならと複製を延ばしてしまう方もいますが、自宅などに鍵をかけないまま外出するといった行為はおすすめすることができません。
また、合鍵の作製をするためには、当然のことながら所定の費用がかかります。

このコストを節約するために合鍵を作らない場合、鍵の紛失や破損などの問題が発生するとより多くのデメリットを被るリスクも生じてきます。

自宅などに鍵をかけずに外出しても犯罪に遭わない世界が理想的ですが、実際には施錠しておかないと安心して日常生活が送れない状況にあります。
また、従来よりも巧妙な犯罪に対応するには、既存の鍵をより高性能のアイテムに交換するのも一つの方法です。

その他に、鍵穴に異物が詰まったり鍵の回りが悪くなったりした場合には、早めに対策を講じておくことをおすすめします
そのような状況を放置すると、突然鍵が破損して開錠できなくなるリスクもあるので、注意する必要があります。

現在は全国にスタッフを配置して迅速に対応してくれる業者もあるので、時間がない方でも安心して依頼できます。

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19