株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

キーレス錠の特徴と車のドアロックの開け方

キーレス錠と電気錠の特徴を比較

玄関などに使用されているおなじみの電気錠は、電動でオートマチックにカギを制御する錠で、制御盤によって施錠や解錠、電気の供給を行うタイプがほとんどです。
操作する部分はカードキー、テンキー、リモコンキーなど種類があり、ドア単位で操作部分を変えることもできます。

一方キーレス錠はカギを使わない錠前です。電池式やバッテリーの充電式、機械式で動くため配線工事をする必要がなく、本体をドアに取り付けて使用するタイプです。
電気錠と同じくカードキー、テンキー、リモコンキーなど豊富な種類から操作する部分を選べます。

カギを使わず、ボタン操作でドアの開け閉めができるので、カギを持ち歩く煩わしさがありません。
また、カギの紛失を心配する必要も少なくなります。子供がカギを忘れて帰宅した際に、家族が不在で家に入れないというトラブルも少なくなります。
さらにカギ穴方式ではないのでピッキング対策にも有効で、防犯性にも優れています。

電気錠は認証方法や複数のドアを一元的に管理するなど、機能を拡張した入退室管理システムを採用することが可能です。
一方のキーレス錠は基本的にドアごとの独立した稼働式なので、本体だけ購入すれば使用できます。
ドア全体の美観を損なわず、スマートな外観で、配線工事の費用がかからず、リーズナブルに導入できます。

キーレス錠は車のドアにも採用されています。
以前は車のキーを車内に置いたままドアロックしてしまうトラブルが多かったものですが、キーレス錠やスマートキーを採用してもドアロックのトラブルは起きています。


車のキーレス錠でドアロックする原因

車のキーレス錠でドアロックしてしまうことの考えられる原因と対処法、開け方を紹介します。
カギの施錠や解錠をするのは案外面倒なものですし、車を乗り降りする場合はなおのこと手間だと感じることがあるでしょう。

今ではスイッチを押すだけのワンタッチ操作で車のドアの施錠や解錠ができるキーレスタイプがスタンダードになっているので、ドアの開け閉めの不便さはなくなっています。
ただし、車のキーレス操作が効かないといったことや、ドアロックなどのトラブルはあります。
さまざまな原因があるのでそれぞれ紹介をします。

まず電池式のキーレス錠なら、単に電池が切れているために施錠や解錠ができなくなっているケースがあります。
充電式の場合はバッテリーが切れているケースが考えられます。
車のドアが半ドア状態になっていると、キーレス錠が効かないことがあるので、車のドアの開け閉めで確認をしてみましょう。

また、キーレス錠自体の破損などが原因で、ドアの開閉ができないこともあります。
さらに車のライトの消し忘れなどにより、バッテリーが上がってしまうとキーレス機能が使用できなくなります。

以上のように、キーレス錠で車のドアが開かないというトラブルの原因は、電池切れバッテリー切れが関係していることが多くなっています。
この他コンピューター制御の車の場合、ドア内部に付いているアクチュエーターの故障やキーレス錠のヒューズの故障、コンピューター制御しているドアロックリレーの故障が考えられます。
普段は便利な車のキーレス機能ですが、ドアロックがかかってしまったときに備えて開け方を知っておく必要があります。


車のキーレス錠が開かないときの対処法

車が半ドア状態ということが分かれば、ドアを一旦閉めて開け閉めができるか確認します。
それでも作動しない場合は、電池切れなどの原因が考えられます。
電池式のキーレス錠が電池切れしている場合は、ディーラーやカギの専門業者などで電池の交換をしてもらいましょう。

費用は数千円ほどですが、節約したい場合は自分で電池交換をすることも可能です。
充電式の場合、交換するより新品を購入した方が費用を安く済ませることができます。
キーレス錠本体が破損している可能性がある場合は、ディーラーなどで点検をしてもらいます。

修理費用の見積もり額によっては買い換えた方がお得なこともあります。
バッテリーが上がってしまった場合は、他の車から電気を分けてもらい、エンジンをかける対処法が適切です。
これはジャンピングスタートと呼ばれる方法で、ブースターケーブルを使用するので、いつでも使えるようにあらかじめ購入して、トランクルームに入れておくと安心です。車のキーレス錠の寿命は種類や使用状況によるので、車を購入してから初めて電池切れとなるまでの期間を目安にすると良いでしょう。

自分で電池交換をする場合は電池ボックス本体のへこみにマイナスドライバーを差し込んで本体を開き、ボタン電池を取り出して品番を確認します。
取扱説明書などで確認しておくと安心です。
同じ品番のボタン電池を購入し、元の位置にセットし、フタをすれば完了です。アクチュエーター、ヒューズ、コンピューター制御の故障の場合は、電気信号を受け付けない状態なので、予備に渡されているスペアキーをカギ穴に差し込む開け方があります。

それでもドアが解錠しない場合はディーラーや整備工場などに連絡しましょう。
24時間対応してくれるカギの専門の業者もあり、深夜などでディーラーが対応してくれないときでも対応してくれるので安心です。

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19