株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

鍵を紛失してしまった時の対処方法

鍵を失くさないためには

自宅、自動車、金庫などの鍵を紛失してしまうと大変です。
いつものように行動ができなくなって、予定していたスケジュールを変更しなくてはならない事態に陥ります。
重要な用事があった時などは、大きなダメージを受けてしまうこともあります。
キーホルダーを付けたり置く場所を決めたりするなどして、大事な鍵を失くさないように努めましょう。

特にトイレで用を足した時や、気になることを片づけた後などは、気が緩んでしまって物を失くしやすい傾向にあります。
何度も物を失くしてしまう人は、どのような時に物を失くすことが多いのかを思い出して、十分な対策を立てておくようにしましょう。
一度や二度であれば誰でも物を失くすことはありますが、度々物を失くすようだと周囲の人にも迷惑を掛けますし、信頼も失ってしまいます。

鍵などの大事な物は、使う時以外はむやみやたらに触ったりしないで、しっかりと管理をしておくことが大切です。
周囲の人にも注意してもらえば、物を失くしてしまうリスク対策に効果があります。

管理の方法を見直したり、忘れ物を防止するグッズなどを活用したりして、物を紛失してしまわないように工夫をするのがコツです。
それでもどこにあるのか分からなくなった時は、冷静になって探すことが求められます。
慌てて探すと、関係のないものを壊したり散らかしたりして、かえって探しにくい状況になってしまいます。
計画的に物を探すようにすれば、物探しが効率的にできます。


鍵を失くしてしまった時は落ち着いて探すことが大切

鍵を紛失してしまった時は、まず衣服のポケットを探してみましょう。
しまっておいたはずのポケットだけではなく、全てのポケットを丁寧に探してみます。
しまっておいたと思う場所を何回も探しても、失くした物は出てきません。

物を失くしてしまう原因のほとんどは、しまった場所を間違えたり、覚えていなかったりすることです。
自分の記憶を過信することなく、順序よく衣服のポケットを探してみるのがポイントです。

丁寧に探していると、こんな所にと思うような場所に、失くした物が見つかることがあります。
今着ている服だけではなく、前日に着ていたコートやジャケットなどのポケットも探してみると良いでしょう。

外出した時に持っていたカバンの中も、鍵を入れたまま忘れてしまう可能性の高い場所です。
カバンの中が整理されていないと探しにくいので、落ち着ける場所でカバンの中を全部出して探してみる必要があります。

出掛けている間に落としてしまった可能性のある時は、どこに行ったのかを詳しく思い出して、電話で問い合わせをしてみましょう。
問い合わせをする時は、失くした可能性のある日時や鍵の特徴などを具体的に説明します。
今いる場所から近い場所で落としたのであれば、通った道を逆に辿って、落ちていないか探すことも効果的です。

何らかの理由で溝や空き地に移動していることもありますから、周りもよく探してみることが大切です。
そして、警察に行って届け出をしておけば、見つけた人がいた場合は連絡が来て戻ってくることもあります。
最寄りの警察署や交番に行って、手続きを済ませておくと安心です。


鍵が見つからない時は業者に連絡をして来てもらう

紛失した鍵が見つからない時は、対応してくれる業者に連絡をして来てもらわなくてはなりません。
他の家族が同じ鍵を持っている場合でも、失くした物が使われて知らない人が家に入って来たり、自動車が勝手に使われてしまったりすることもあります。

後から戻って来た場合でも、戻って来るまでにスペアキーを作られてしまった可能性もあるので、防犯のことを考えるならば、鍵を交換しておいた方が無難です。
業者に連絡をすれば、すぐに来てくれて適切な対応をしてくれます。

連絡をする時は事情を説明して対応が可能であるか、いくらくらいの費用が掛かるのかなどを確認しておく必要があります。
実際に状況を見ないと詳しいことが分からないこともありますが、事前に確認しておかなければ思った以上に費用が掛かり、仕方なく払うしかない状況となってしまいます。
早くどうにかしようと焦らずに、落ち着いて状況を説明すると共に、適切な業者に依頼するようにしましょう。

適切な業者にすぐ来てもらうためには、普段から鍵を紛失した時に対応してくれる業者を探しておくことが一番です。
時間に余裕のある時に探しておけば、業者の事務所がある場所や、対応可能な内容、料金体系などが分かりますし、複数の業者と比較をすることもできます。

優良な業者を複数見つけて連絡先をメモしておけば、早急に問題を解決したい時でも、落ち着いて対策を検討することが可能です。
何でもない時に、万が一の時のことを考えるのは難しい面もありますが、何の用意もしていないと大きな問題に発展することもあります。
鍵を紛失しないように注意すると共に、失くしてしまった時の対策も検討しておくことが重要です。

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19