株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

ロッカーの鍵を紛失したときはどうすればいい!?

会社の更衣室や学校の施設などのロッカーの鍵をなくして、ヒヤヒヤした経験がある人は多いのではないでしょうか。
このようなアクシデントが起こっても、適切な対応を行えば、スムーズに解決することもあります。

今回は、ロッカーの鍵を紛失してしまった場合の対応と、その後気を付けるべきポイントを解説します。

・1.まずは鍵の捜索&管理者へ連絡

ロッカーの鍵は小さくて紛失しやすいので、注意していても不慮の事態で鍵を紛失してしまうことは大いにありえます。

ロッカーの鍵を紛失してしまったとき、まずするべきことは鍵の捜索と管理者への連絡です。
会社のロッカーなら上司に、駅や施設のロッカーであれば管理会社や施設の管理者に鍵を紛失したことを報告しましょう。
管理者がロッカーのマスターキーやスペアキーを用意していることも多いです。

・・ロッカーの鍵は無理に開けないほうがいい

不測の事態で慌てるのも無理はありませんが、自力で開けようとしたり、管理者に連絡しないで自力で合い鍵を調達しようとしたりするのはおすすめできません。

理由としては、もしロッカーの鍵を無理に開けて鍵を壊してしまった場合、鍵そのものを交換するよりも高額な修理費用がかかってしまうことがあるためです。
鍵だけを壊してしまった場合は鍵の交換のみで済みますが、ドアノブや扉も壊してしまった場合は修理費用がさらに上乗せで請求されることになってしまいます。

・2.鍵業者またはメーカーに問い合わせて新しい鍵を作る

ロッカーの鍵を紛失したとき、スペアキーが保管してある場合はスペアキーを元に鍵を作成できますが、スペアキーがない場合は鍵穴から鍵を作ることになります。

鍵穴から新しい合い鍵を作る場合、ロッカーのメーカー名や鍵穴の画像などの情報が必要となります。
鍵業者に問い合わせるほか、ロッカーのメーカーによっては問い合わせると合い鍵を作ってくれる場合があります。

ちなみに、メーカーに合い鍵を作ってもらう場合は、業者に依頼する場合に比べて時間がかかります。
急ぎで合い鍵を作ってほしいときは、業者に依頼して作ってもらったほうが早く対応してもらえるので、メーカーに依頼する場合は作成までにかかる日数も確認しておきましょう。

ただし、メーカーで鍵を作ってくれそうだからという理由で管理者に鍵を紛失したことを黙っておくのは得策ではありません。
紛失した鍵が悪用された場合、盗難などの大きなトラブルに発展するおそれがあります。
合い鍵を作る場合でも、まずは管理者に鍵を紛失したことをきちんと報告し、鍵が盗まれたおそれがある場合は警察に届けるなどの対応をとっておくことが大切です。

・3.二次被害を避けるためにも鍵を交換する

ロッカーの鍵を紛失してしまった場合、紛失した鍵を誰かが持ったままという可能性があります。
その場合、紛失してしまった鍵を悪用されると貴重品の盗難などの二次被害が起きることがありますので、可能であれば防犯性を高めるために鍵を丸ごと交換することがおすすめです。

鍵の交換費用の相場は5,000円~20,000円程度で、鍵の種類や業者によって価格が異なってきます。
古いタイプのロッカーだと鍵のパーツの生産が終了しているものがあり、使用できるパーツが限られてくる場合もあるので注意しましょう。
鍵の交換を検討する際は、パーツが取り寄せできるかどうか確かめるためにも事前に一度見積もりを取ってもらうと安心です。

・鍵を開けるだけでなく、鍵を開けたあとの対応も忘れずに

ロッカーの鍵を紛失すると、焦って鍵を開けることだけに意識が向いてしまいがちです。
しかし、鍵を開けることはもちろん大切ですが、鍵を開けたあとの防犯性にも気を付けないと盗難などの二次被害に遭う可能性もあります。

ロッカーの鍵を紛失してしまったこと自体は、冷静に対応すれば解決できる場合がほとんどです。
ロッカーの鍵を落としたことをきっかけに大きなトラブルを引き起こさないためにも、鍵を紛失してしまった際は、焦って行動してしまわないで落ち着いて連絡や対応を行いましょう。

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19