株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

鍵が開かなくなった?鍵の壊し方

鍵を紛失してしまった場合は合鍵を作ったり、業者さんに開けてもらったりすることで解決するケースが多いですが、場合によっては鍵を壊して開錠した方がよいパターンもあります。

今回はやむを得ない事情で鍵を壊さなくてはいけなくなった場合に役立つ情報をまとめてみました。

・鍵の壊し方は種類やニーズによって異なる

鍵にはいろいろな種類があるため、鍵の壊し方もその種類に合わせて選択することになります。
また、「元のキーを使いたい」「周囲に迷惑をかけずに壊したい」など人によって目的が異なるため、鍵の壊し方はニーズによって変わることも。

ここでは主な鍵の壊し方を、鍵の種類や目的に合わせてみていきましょう。

・・スタンダードなのはドリルで壊す方法

鍵の壊し方のひとつには、細めのドリルを使ってシリンダー内部の上ピンを破壊する方法があります。
シリンダー錠には内筒と外筒という2つの筒が内蔵されていて、その2つをまたぐピンによって施錠される仕組みになっているため、ドリルでこのピンを破壊すればロックを解除することができます。

ピンシリンダーの鍵の壊し方としては最もスタンダードな方法ですが、この方法でうまくいかない場合は太めのドリルを使ってピンを丸ごと破壊するやり方もあります。

・・ホールソーで壊す方法なら元の鍵が使用できる

ホールソーとは歯が円形になっている電動のこぎりのこと。
これを使えば、円形に穴を開けてシリンダーを破壊することができます。
シリンダーを破壊するといっても内部は無事なので、後に部品を交換すれば元の鍵をそのまま使用できます。

部屋に鍵を忘れたままオートロックのドアを閉めてしまった…など、鍵の在処はわかっているけど鍵を開けられないといった場合に適した方法です。

・自分で鍵を壊すには道具が必要なうえ効率が悪い

業者に頼むとお金がかかるため、できれば自分で鍵を壊したいという人も多いでしょう。

ただ、先ほど紹介した鍵の壊し方をみるとわかるとおり、鍵を壊すにはそれなりの道具が必要です。
DIYをする人であれば工具を持っている人も多いかもしれませんが、鍵の構造をある程度知っていないと効率よく鍵を壊すのは困難です。

場合によっては鍵以外の場所を傷付けてしまうおそれもあるので、たとえ道具を持っていたとしても、個人で鍵を壊すのは極力控えたほうがよいでしょう。

・鍵を壊すなら業者にお願いしよう

個人で鍵を壊すことのリスクを考えると、やはり鍵の専門業者に依頼するのがおすすめです。
その理由は大きくわけて2つあります。

・・理由1. さまざまなニーズに対応できる

鍵の専門業者は開錠のための専用道具を数多く所持しています。
そのため、「音を立てずに壊してほしい」「元の鍵を使いたいからシリンダー内部は傷付けないでほしい」など依頼主のニーズに合わせた方法で鍵を壊してくれます。

もちろん「何でもいいから一番安く済む方法で」などの要望にも対応してくれるので、どんな方法が合っているのか相談してみるとよいでしょう。

・・理由2. 短時間で壊してくれる

鍵を壊す機会というのは個人ではなかなか経験することがないため、たとえ工具を持っていたとしてもうまく扱えず、開錠するまでにはかなりの時間がかかってしまいます。

その点、プロの業者は技術も一流ですし、経験も積んでいるので短時間で効率よく鍵を壊してくれます。

作業時間が短いのはもちろん、業者によっては依頼してから30分以内に駆けつけてくれるところもありますので、「今すぐ鍵を壊して中に入りたい!」という要望にも対応してもらえます。

・個人で壊すのはリスク大!安心・安全な業者に依頼しよう

鍵を壊すためにはドリルやホールソーなど取り扱いに注意が必要な道具を使わなくてはならないため、個人が慣れない手つきで作業を行うにはリスクが高いもの。
場合によってはケガをしてしまうおそれもありますので、無駄なく効率的に鍵を壊してくれる専門業者に依頼したほうが安心でしょう。

費用はかかりますが、個人で作業する時間や手間を考えればコストパフォーマンスは高いので、鍵トラブルが起こったら業者に相談してみることをおすすめします。

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19