株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

鍵が回らない時の原因と対処法

今日も一仕事を終えて帰宅。ゆっくりと休もうかと考えながら鍵穴に差し込んだ鍵を回そうとしたら「あれ…回らない…?」

このような事態に遭遇すると、気が滅入ってしまいますよね。

 

そこで今回は、鍵が回らない時の原因と対処法についてまとめてみました。いざという時のためにも、覚えておくと便利です。

 

・鍵が回らない原因には主に2つのパターンがある

 

鍵が回らなくなる原因にはさまざまなものがあります。思い当たる節がないか確認してみてください。

 

・・1. 鍵穴のゴミや錆びなど鍵穴に問題があるケース

 

鍵が回らない原因として、鍵穴に次のような問題が生じている可能性があります。

 

*鍵穴にゴミがたまっている

*鍵穴が錆びている

*潤滑剤が擦り減って鍵が引っかかっている

*潤滑剤のつもりで鍵穴に入れた油が悪さをしている

(*潤滑剤は鍵専用の物を使用してください。)

鍵穴にも、当然のことながらゴミがたまっていきます。鍵穴は非常に精密な構造を持っているため、少しの砂やほこりでも鍵が回らなくなる可能性があるので、注意が必要です。

 

鍵穴が錆びてしまっている可能性も考えられます。これは風雨が鍵穴にあたりやすい環境で起こりやすくなります。

 

また、鍵穴には鍵をスムーズに差し込んで回すことができるように潤滑剤が使われていますが、この潤滑剤が長い間の抜き差しで徐々に擦り減っていき、鍵が回らなくなることがあります。

 

潤滑剤の代わりに入れた油の種類によっては、油が鍵穴の内部構造に付着して鍵が回りにくくなったり、回らなくなったりする可能性もあります。このケースでは、油をさした直後は鍵をスムーズに回せるのですが、次第に重くなって回せなくなることが多くなっています。

 

・・2. 鍵の破損・変形など鍵そのものに問題があるケース


鍵穴ではなく、鍵そのものに問題があって回らない場合も。このケースでは、普段使っている鍵では回らないのに、スペアキーを使用すると鍵が回るため、問題が生じている箇所を特定しやすくなります。

鍵そのものが原因となっている場合、次のような問題が起きている可能性があります。

 

*鍵が破損・変形している

*スペアキーの精密さが足りない

 

鍵が破損・変形していると、鍵穴の内部構造と鍵がかみ合わなくなるので、鍵穴内部のロックを外すことができず、鍵が回らなくなってしまいます。

 

また、鍵業者にスペアキーを作ってもらった場合に起こる可能性があるものですが、スペアキーの精密さが足りないため、使用するうちに徐々に鍵穴とのずれが生じて回らなくなることもあります。

 

・鍵が回らなくなったときの対処法1:自分で直す

 

実際に鍵が回らなくなった時は、どのように対処すればよいのでしょうか。まずは、自分で直す方法についてみていきましょう。

 

・・鍵穴や鍵の清掃・手入れなどを行う

 

鍵穴や鍵にゴミが付着している場合は、掃除を行います。

鍵を掃除する時には、凹凸を傷つけないように布や歯ブラシできれいに磨きましょう。また、鉛筆の黒鉛には鍵穴の滑りを良くする効果があるため、鉛筆で鍵の凹凸の部分をなぞると改善することがあります。

(ハーツクリーナーを使用し、ホコリやゴミ・不要な油を洗い落します。)

鍵穴の掃除をする時には、内部構造を傷つけないように、エアーダスタ―などを使用して埃やごみを吹き飛ばしてください。小型掃除機などで吸い出すのも効果的です。

水を使用すると、潤滑剤が剥がれ落ちたり錆びたりするので控えましょう。

 

・・鍵穴用の潤滑剤を使用する


潤滑剤が擦り減って鍵が回らない場合は、鍵穴専用の潤滑剤を使用しましょう。鍵穴以外の潤滑剤を使用すると、前述の通り鍵が回らない原因となってしまいます。鍵穴専用の潤滑剤を使う時には、内部に水分やほこりがないか十分に注意してください。水分やほこりがあると鍵が回らない原因となります。

 

 

・鍵が回らなくなったときの対処法2:鍵業者に依頼する

 

鍵が回らずに困ってしまった時は、鍵業者に依頼する方法があります。緊急時や自分で掃除・交換をする自信がない場合は、鍵のプロに依頼したほうが確実です。

 

鍵は基本的に修理、もしくは交換になります。修理の場合は交換よりも費用は安くなりますが、経年劣化や錆びなどがある場合は防犯のことも考えて交換になります。

 

また、自分で対処しようとして事態を悪化させてしまうのもよくあることです。特に多いのが、無理に回してしまうこと。無理に回すと鍵が折れたり、内部構造が破損したりして被害が拡大することがあります。

費用はかかりますが、鍵業者へ依頼すれば短時間で確実に交換できますし、その後に長く問題なく使えるのはメリットといえるでしょう。

 

・鍵が回らない時には原因を突き止めて適切に対処する

 

以上、鍵が回らない時の原因と対処法をご紹介しました。鍵が回らない時には、鍵と鍵穴のどちらに原因があるのかを突き止めましょう。

また、このような事態を防止するために、鍵の定期的なメンテナンスも重要です。自分で直すこともできますが、掃除などで防止することが主な措置となります。実際に回らなくなった時には自分で対処できないこともありますから、その際は鍵業者などのプロを呼んで対処してもらうのが確実です。

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19