株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

汚れた鍵の黒ずみをきれいに落とす方法

key

鍵の黒ずみなどによるトラブルとは

普段の生活で使っている鍵にはいろいろな種類があります。家だけでなく車や自転車にも使用し、金庫や自分の部屋、机に使用しているケースもあるでしょう。今使用している鍵が黒ずみなどで汚れていたら注意が必要です。毎回黒ずみで汚れた状態で穴に差し込んで使用しているうちに、回りにくくなったり抜き差ししにくくなったりする可能性があります。その黒ずみの汚れが原因で家の鍵が開かなくなり、無理に回して開けようとしたために、鍵が曲がったり折れたりすることも考えられます。
折れた鍵が穴から抜けなくなり、シリンダーが壊れてしまうと、最終的にはシリンダーごと交換をしなければならなくなります。もし抜き差ししづらくなったら、無理やり回したり、抜いたりしないようにします。また滑りを良くするために身近にある食用油を使って穴に注入するのも、ホコリがつきやすくなり動作不良の原因になるのでおすすめできません。
同じように市販のオイルもホコリを招いてしまうので使用をしてはいけません。他につまようじや針金などを穴に差し込み、滑りを良くしようとする方法も危険です。途中でつまようじが折れると、動作不良の原因になります。針金のような金属を差し込むと穴に傷がついて故障の原因になることもあるので注意します。以上の方法は、素人が思いつきでついやってしまいがちな対処法ですが、結果的に状態を悪化させてしまう可能性があるので、安易に行わないことがポイントです。困った際には専門業者に依頼をすることも一つの方法です。

鍵の黒ずみを自分で落とす方法

日常的に使用する鍵には、手の脂分などの汚れが付着しています。汚れの手入れ方法は、最初に乾いた布で表面の汚れを拭き取ります。その際に力を入れて擦らなくても大丈夫です。続いて使わなくなった古い歯ブラシで、表面をなぞるようにして全体の汚れを落としていきます。小さな穴や溝がたくさんあるので、その部分も残さず、歯ブラシで磨くように掃除します。ポイントは軽く磨くということです。あまり力を入れて強く磨くと傷をつけてしまう恐れがあります。傷ができるとそこにホコリや汚れがたまりやすくなり、機能性が低下します。
歯ブラシで手入れをしても黒ずみなどの汚れが取れない場合は、重曹を使用する方法があります。薬局や100円ショップで購入することができて、値段も安く、普段の家の掃除でも活躍します。油汚れの掃除や湯あか落とし、消臭にも使えるので、常備しておくと便利です。重曹に少量の水を加え、クリームのようなペースト状にし、歯ブラシにそれをつけて磨きます。
作りが精密で溝が細かい場合、間に詰まった汚れや黒ずみが取れないことがあります。その場合はコップのような容器に重曹3gと水を入れ、中にしばらく浸しておくと、汚れはきれいにクリーニングできます。重曹水につけ置き後は水でよく洗浄し、水気をよく拭き取って乾かします。他にも鍵を磨く方法で、洗浄する容器に少し丸めたアルミホイルを入れ、スプーン一杯の重曹を入れ、少し熱めのお湯を注いで溶かした中に、鍵をつけ置きする方法があります。これだけで黒ずみがなくなり、脂汚れも落ちます。精密な作りの鍵ほどホコリなどの汚れがたまりやすいので、定期的に掃除してあげることで黒ずみなどの汚れを取り除くことができます。すぐにきれいにしたい、道具をそろえる時間がないといった場合は、専門業者へ依頼する方法が確実ですので調べてみましょう。

重曹を使用する場合の注意点

重曹は油汚れの掃除に最適で、台所のレンジや換気扇などの汚れ落としにもよく使用されます。重曹は食品にも使用され、料理のアク抜きにも使用されるくらい安全な洗剤なので、取り扱いで注意することはあまりありません。ただ、鍵の黒ずみなどの汚れ落としに重曹を使用するときは、最後に重曹が残らないようによく拭き取ることが必要です。鍵に重曹が付着した状態で使用し続けると、シリンダーの中に重曹が詰まってしまい、不具合を起こしてしまう可能性があります。
重曹を使用して黒ずみなどの汚れを落とすときは、最後に念入りに洗い落とします。鍵の汚れを落とす方法には、サンドペーパーなどで磨く方法もあります。ただし、これは磨く力加減に気をつけないと傷をつけたり、変形させたりする原因になります。専門の技術を持つ業者が行う方法なので、一般の方におすすめできる方法ではありません。黒ずみなどの汚れを予防するには、シリンダーを掃除することも大切です。シリンダーにはホコリなどの汚れが自然とたまっています。
特に玄関は外気に当たっているので、ホコリだけでなく砂ぼこり、粉塵などが多くたまっていることがあります。自分でシリンダーを掃除する場合は、専用の潤滑スプレーを使用するようにしてください。ただし、速乾性でパウダー状になるタイプ限定です。粘着性で乾かないタイプの自転車のサビ取り油などを使用すると、注入した直後は分からなくても、後で油が固まって詰まる、または金属の腐食やサビが起きる可能性があります。メーカーから出ている鍵穴専用と表記されている潤滑油を使用すれば問題ないでしょう。
安易に自分でやってしまい、結果的に専門業者へ依頼することになったという事例もありますので心配な方は専門業者へ依頼しましょう。

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19