株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

鍵のトラブルと鍵の構造

car-keys

鍵のトラブルは業者に依頼

鍵は家の玄関、窓、車などで用いられることが多く、身の回りにはさまざまな鍵が存在しています。そんな鍵についてトラブルが発生したというケースはよくあり、一番多いのは開錠できないというトラブルです。これは構造上の問題もありますが、鍵自体の紛失によるものが原因の多くを占めています。なくした場合は途方に暮れてしまうこともありますが、冷静な判断をして早急に業者を呼ぶことが大切です。
鍵のトラブルを解消してくれる業者の存在は非常に重要です。業者には開錠のプロスタッフが在籍していて、あらゆる鍵の構造を熟知しているので安心です。構造上開錠が難しいとされるディンプルキーやウェーブキーなども専門スタッフによる技術で開錠できる場合があります。業者の中には、万が一開錠できなかった場合には出張料金や作業料金が発生しないところもあるので、詳しく調べてみるのがおすすめです。
また、トラブルとして次に多いのは車中にキーを閉じ込めてしまう例です。インロックという状態ですが、昔ながらのキーを差し込んで回すタイプの場合に起こりやすいトラブルです。日頃からインロックしないように車を離れる際は鍵をしっかりと手に持ってから外へ出る習慣をつけることが大切です。当たり前だと思っている方もいますが、うっかりミスや判断ミス等は起こるものです。インロックの状態になったら業者を呼ぶかロードサービスに連絡して開錠をしてもらいましょう。無理に自分でこじ開けようとするとドアの破損の原因となり、余計に出費が嵩むことになりかねません。落ち着いて対処をしましょう。

様々な鍵のトラブル

鍵自体の破損も急なトラブルの一つです。この場合も専門の業者を調べて早急に来てもらうことが大切です。専門業者ではキー自体の作成も請け負っている場合が多く、その場で作れる場合もあります。基本的に開錠に関しては多くの業者でピッキングを行うかスペアキーを作成して開錠をすることがほとんどで、ドア自体を壊して開錠をするのはどうしようもない場合に行うことが一般的です。
またトラブルは昼間に起こるとは限りません。夜遅くに帰宅したら紛失に気付いた、破損していて開かないということはよくあります。業者にもよりますが、緊急の対応や24時間の対応を行っている業者もありますので十分に調べてから連絡をしましょう。夜中にトラブルが発生すると昼間よりも判断能力が低下して無理やり開錠を試みたり、ドアを破損してしまったりしてしまう方もいます。まずは冷静に対応をすることが求められます。もしもの時に備えて普段から業者を調べておいて、すぐに連絡できるようにしておくのもおすすめです。
次に多いトラブルは鍵穴に異物が入り込んで開錠できないパターンです。この場合、多くはいたずらによる被害です。この場合も無理に開錠しようとすると逆に異物を奥に押し込んでしまうことがよくあります。他のトラブルと同様にすぐに構造に詳しい業者に依頼して修理をしてもらいましょう。場合によっては鍵そのものを交換せざるを得ない場合もありますが、構造によっては洗浄で異物を取り出し開錠することも可能です。状況に応じてプロの業者に判断してもらうことが一番の解決策です。
子どものいたずらで小石や木の枝などを詰められたり、不審者によって接着剤で穴を塞がれたりと状況はさまざまですが、業者を素早く手配し万全を期しましょう。もちろんその前に他の入口が開いていないかチェックし、中に入れる状態ならばとりあえず室内に入ってみて、中から開けてみることも考えます。しかし、いざこのような状態になると焦りが生じてしまうものなので、まずは業者への依頼をできるようにしておきましょう。

業者の選び方

鍵のトラブルに見舞われるととにかく焦りが先行してパニックになりがちです。トラブルを解消するためには業者を呼ぶのが一番の解決策ではありますが、悪徳業者が存在するのも事実です。パニックにつけこんで法外な金額を請求する事例もあるので、注意して業者を選定することが大切です。
業者選びのポイントはまずは慌てずに調べることです。鍵のトラブルは予測できず突然に起こりますが、スマートフォンなどで検索してよく調べないままに選ぶことは危険です。その業者の施工事例や金額の提示などをよく吟味したうえで選びましょう。また料金体系が曖昧でなく明瞭に記載されていることも重要なポイントです。出張費や作業費用等の目安がはっきり分かる業者を選ぶようにします。
開錠に掛かる技術費用には決まりがないため、業者によって料金体系がさまざまです。難しい構造の鍵修理にはそれなりの費用が必要です。このことから悪質な業者が後を絶ちません。電話での依頼時点では現場に行ってみないと分からないとする業者もありますが、その場合は現場で作業を開始する前に料金の提示がなされます。この提示がないままに作業を始める業者は危険ですので、作業前にいくらの費用が掛かるか明確にしてもらいましょう。まずは冷静な判断ができるように慌てず業者を選定するよう心がけることがポイントです。

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19