株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

キーレス錠の修理方法に関するさまざまな情報

キーレス錠の概要と特徴や動作不良の問題について

 自動車のドアは、以前であれば鍵穴にキーを差し込んで開閉するタイプが一般的でしたが、現在では多くの車にキーレス錠が標準装備されています。キーレス錠は、その名の通りにキーを使用せずにドアの開閉をすることができるものです。リモコン機能が搭載されていることから鍵穴にキーを差し込む必要はなく、ボタン操作だけでドアの開閉をすることが可能になります。そのため、ドアを開閉する際にかかる時間やエネルギーが少なくて済み、買いこんだ荷物を抱えている時や、小さい子どもの世話に手がかかる場合などに便利です。

 このアイテムと類似したものに、スマートキーがあります。こちらもキーを使用せず、ボタン操作だけで鍵の開閉をすることが可能になります。ただし、キーレス錠は基本的に鍵の開閉のためだけに使用するものですが、スマートキーにはエンジン始動など他の機能も搭載されているという違いがあります。

 キーレス錠は便利なツールですが、場合によってはボタンを押しても動作しなくなる可能性があります。そのような場合には、まず不具合の発生した原因を究明することによって、修理の可否や方法を判断することができます。

 キーレス錠が動作しなくなる原因としては、電池切れや車のバッテリー上がり、機器の故障などが挙げられます。複数の原因が考えられるため、修理などを検討する前に原因の切り分けをする必要があります。


まずは不具合の発生した原因を究明しよう

 手持ちのキーレス錠が動作しなくなってしまった場合、修理などについて検討する前に車のエンジンを始動することが可能か否かを確認してみると良いでしょう。車のエンジンが始動しない場合、バッテリーが上がっている可能性があります。バッテリーの電力はエンジンの始動やライトの点灯などの他に、キーレス錠によるドアロックの開閉にも使用されているため、バッテリー上がりが発生していると、キーレス錠のボタンを押しても動作しなくなります。

 バッテリー上がりが発生した場合には、その車を別の車とケーブルで接続し、電力を分けてもらうという方法で解決することができます。こちらはジャンピングスタートと呼ばれる方法ですが、自分で別の車を用意することができない場合、専門業者のサービスを利用することも可能です。バッテリー上がりが解消してもキーレス錠が動かなければ、本体の不具合ということになります。

 一方車のエンジンが始動できる場合、バッテリーの電力は供給されていると判断することができます。この場合、車には問題はなくキーレス錠自体が不具合を起こしていることとなり、動作不良は電池切れか機器の故障によるものである可能性が高くなります

 キーレス錠は、ボタン電池によって動作していることが多く、電池交換の方法は車の説明書などに記載されているので、自分で電池を交換することも可能です。ただし、説明書を読んでも内容が理解できない場合や自分で作業をするのは不安な場合、面倒な場合には専門の業者にサポートを依頼するのが良いでしょう

 機器の故障は、本体もしくは車の受信機のどちらかに発生している可能性があります。いずれにしても機械なので、落下や衝突、度重なる使用や長い年月の経過による部品の摩耗、損傷などから故障が発生するリスクが生じます。


専門の業者にサポートを依頼する場合のチェックポイント

 キーレス錠の修理を自分で試みたものの、不具合が解消しない場合は、専門業者にサポートしてもらうことも可能になります。その道のエキスパートは充実した設備や機器、確かなノウハウ、高度なスキルを活用して、素人では解決できない問題も解決することができます

 キーレス錠の修理業者にもさまざまなところがあるので、利用するにあたっては会社の選び方もチェックポイントになります。例えば、取り扱っている部品やサービス料金、作業にかかる時間などは業者によっても違いがあるので、あらかじめ確認しておくことが大切です。

 中でも出張型のサービスを提供している業者は、電話などで顧客からの依頼を受けた後、トラブルの発生している現場に急行して作業をしてくれます。そのため、顧客は自分で屋外の店舗を訪れる必要がなく、現地までの往復にかかる時間やエネルギーを負担せずに済みます。また、フリーダイヤルの受付電話番号を用意している業者は、連絡する際の通話料もかからないのでコスト面でのメリットがあり、お得に利用することができます。

 鍵に関するトラブルはいつ、どこで発生するか分からないことが多いものです。したがって、業者を選定する際には営業時間やサービスの対象エリアもチェックしておくことをおすすめします。中でも24時間営業で日本全国を対象としてサービスを提供している会社は、幅広い場面で利用することができます。なお、手続きをスムーズに進めたいと考えるのであれば、担当者に連絡を入れる際、車のメーカーや車種、年式などを伝えておくと良いでしょう

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19