株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

鍵が折れたときの対処法

鍵が折れたときの対処法や、鍵折れのリスクを軽減するためのお手入れなどについて、ここでご説明します。

 

まずは自分で解決

鍵が折れた場合にまず見てほしいのが、「折れた鍵が、鍵穴から少しでも出ているかどうか」です。これによって、対処法は大きく異なってきます。

 

折れた鍵が鍵穴から出ている場合

折れた鍵が鍵穴から出ている場合の対処は比較的簡単です。

ペンチやピンセットなどを使って鍵が出ている部分をしっかりとはさみ、無理な力を入れず、ゆっくりと引き抜けばOKです。

 

この際、「無理な力を入れない」ということがとても重要となってきます。なぜなら、無理に力を入れて「抜き差し動作を繰り返すようにして引っこ抜く」などとやろうとすると、帰って鍵を押し込んでしまう方向に力が入ってしまうこともあるからです。

 

慎重に無理せずやれば成功率の高い方法ですので「ゆっくり無理なく」と自分にしっかり言い聞かせましょう。

 

折れた鍵が鍵穴から出ていない場合

折れた鍵が鍵穴から出ていない場合は、対処の難易度が格段に上がってしまいます。

 

「鍵の断面に接着剤をつけて折れた鍵をくっつけ、引き抜く」という手を試そうとする人もいますが、これは「接着剤が鍵の断面だけでなく、鍵の内部にまで垂れてしまい、そこで固まってしまう」という大きなリスクをはらんでいるため、よほど接着剤の扱いに自信がある人以外はおすすめできません。

 

また「鍵の断面に粘着テープをつけて引っ張る」「掃除機で吸う」などという手段を試す人もいますが、そのほとんどは鍵を引き抜くには力不足で、解決には結びつきません。

 

鍵の知識がある程度豊富な人なら「シリンダーごと取り外して分解し、折れた鍵を取り出す」という方法で、工具に強い人なら「プラモデルなどに使う極細のドリルで鍵の断面に角度をつけて穴をあけ、その穴に引っかけて鍵を引き抜く」という方法で対処できますが、こうした特殊な対処ができる人はごく少数です。

 

つまり「折れた鍵が鍵穴から出ていない場合は、素人の力だけで解決するのはかなり困難」ということです。

 

解決できない場合は業者に依頼しよう

折れた鍵が鍵穴から出ていない場合、素人が自分の力だけで解決するのは困難です。自分では対処しきれないと判断した段階で、鍵トラブルに強い業者に依頼することをおすすめします。

 

専門業者なら、シリンダーごと取り外して分解して鍵を取り出したり、極細のドリルを使用して鍵を引き抜いたりするのもお手のもの。安心して任せることができます。

 

業者に依頼する際は「鍵が折れて、折れた部分が鍵穴から出ていない」と伝えるだけでなく、鍵のタイプなどもできるだけ伝えましょう。

 

また、作業完了後の料金トラブルを未然に防ぐために、作業前に見積り額をきちんと出してもらえるかどうかを確認しておくことも大切です。

 

鍵のお手入れ・メンテナンス

鍵が折れるという事態を未然に予防するためには、鍵や鍵穴のお手入れ・メンテナンスをしておくことが大切です。

 

鍵がいつでもスムーズに回って引き抜けるように、鍵穴への潤滑剤の補充は定期的にやっておきましょう。潤滑剤は必ず鍵穴専用のものを使い、他のオイルなどを使わないことが大切です。

 

また、ちょっとした潤滑剤代わりとしては、黒鉛筆の芯も使えます。

鍵の山や谷になっている部分を黒鉛筆で黒く塗れば、潤滑剤代わりになります。ただし鍵そのものに色がつくので、服などにその色を付けてしまいやすい点が要注意です。やはりできることなら、鍵穴への潤滑剤使用を優先することをおすすめします。

 

また、鍵の劣化を少しでも遅らせるために、日頃から

 

  • 強い力で鍵を回さない
  • 風雨にさらさない
  • 洗濯しない
  • ということを心がけましょう。

     

    そして、鍵の状態についても時々チェックしておきましょう。

    「細かい傷がかなり多く目立つようになってきた」「わずかだがゆがみがあるように思える」という場合は、新たなスペアキーを早めに作り、それを使うことをおすすめします。

     

    折れた鍵の再利用は絶対にしないで下さい。接着剤で着けたとしてもやはり正常な鍵と比べると非常に折れやすくなっていますので、また鍵折れのトラブルが起こるのは時間の問題です。

     

    鍵が折れないように予防することが肝心

    鍵が折れてしまった場合、特に「鍵穴から鍵が出ていない」という状態になった場合は対処が難しく、その多くは業者に頼まざるを得ない状況になってしまいます。

     

    鍵が折れたときの適切な対処法を知っておくことも大切ですが、そうした事態を未然に予防できるのが一番です。たとえ今はトラブルがない状態であっても、鍵や鍵穴のお手入れおよび、鍵の様子のチェックなどをすることを心がけましょう。

    通話料無料 24時間受付

    状況をお知らせください!

    0120-15-19-19