株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

鍵が抜けないときの対処法

鍵が抜けなくなる原因としては、異物の詰まりや鍵穴の滑りの悪さ、鍵や鍵穴の変形などが挙げられます。

対処法としては、鍵の抜き方をいろいろ試してみる、掃除機などで詰まりを取る、潤滑剤を入れるなどがあります。

以下で詳しく解説しますので、お困りの方はぜひ参考にしてみてください。

 

鍵が抜けなくなる主な原因は4つ

鍵が抜けなくなる主に原因としては、以下のようなものが挙げられます。

 

1.鍵穴の中に、ホコリや砂などの異物が詰まっている

鍵穴の中にホコリや砂などが溜まり、それが鍵穴の一部に詰まっているだけでも、それが不具合につながります。

 

特に、ディンプルキーなど鍵の構造が複雑なものは、ホコリなどによる不具合が起こるリスクが高まります。

 

2.鍵穴の滑りが悪くなっている

鍵穴には、滑りを良くするための潤滑剤が使われていますが、何度も鍵を抜き差ししているうちに潤滑剤の効果は減っていきます。

 

潤滑剤の効果が弱まれば弱まるほど、鍵と鍵穴の摩擦が大きくなり、引っかかるような感覚も起こりやすくなってしまいます。

 

3.鍵の変形

鍵を長年使用している間に、少しずつ鍵が変形し、その変形が原因で鍵穴内で引っかかってしまうというのも、鍵が抜けない原因としてよくあるケースです。

 

変形というのは、わずかなゆがみやねじれだけでなく、「抜き差しの繰り返しによる、鍵のすり減り」なども挙げられます。いずれの理由にせよ、元の形状から違えば違ってしまうほどに、トラブルが起こりやすくなるのは必然です。

 

またスペアキーの精度が悪かった場合にも、引っかかって抜けにくくなることもあります。

 

4.鍵穴の故障

鍵を長年使っているうちに、鍵穴内部の部品が故障・破損するなどして、鍵が抜けなくなることもあります。

 

鍵を乱雑に回したり、鍵を挿入したりした状態で上下左右に余計な力を与えてしまうと、鍵穴内部が傷みやすくなります。

 

鍵が抜けないときの4つの対処法

 

鍵が抜けないときの対処法としては、以下のようなものが挙げられます。

 

1.鍵の抜き方をいろいろ試してみる

鍵が抜けないからといって、力ずくでグイグイと強く引っ張ったり、強い力でガチャガチャと鍵を回そうとしたりしてはいけません。

 

無理な力がかかると、鍵だけでなく鍵穴にまで悪影響を与えるリスクが高まってしまいます。そしてもし鍵穴が壊れてしまうと、鍵だけでなく錠前も丸ごと交換しなければいけない状態となり、出費もかさんでしまいます。

 

無理に力を入れず「ゆっくりと回して引いてみる」「小刻みに鍵の角度を変えながら鍵を引き、抜けそうなポイントを探してみる」などという形で、鍵抜きにチャレンジしてみましょう。

 

2.鍵穴に掃除機やエアダスターを当てる

鍵穴のホコリや砂などによる詰まりの改善手段のひとつです。コードレスの掃除機などを当てて中のホコリなどを吸い出せば、それだけで状態が改善することがあります。

 

また、パソコンなどに使うエアダスターを、鍵穴に噴射してみるのもいいでしょう。

 

3.鍵穴専用の潤滑剤を使う

1、2の方法でも解決しないようなら、鍵穴専用の潤滑剤を鍵穴に補充しましょう。

鍵穴専用でないオイルを使うのは、べたつき・サビなどによるトラブルが起こるリスクが高まるのでNGです。あくまで鍵穴専用のものを使うのがポイントです。

 

4.無理な場合は専門業者に任せる

鍵の抜き方をいろいろ試してみてもダメ、掃除機や潤滑油を使ってみてもダメ、という場合は無理せず、鍵の専門業者に任せましょう。

 

鍵を差したまま長時間放置するわけにはいかないので、24時間365日いつでも対応してくれる、鍵トラブルに強い業者を選ぶのがおすすめです。

 

業者に依頼する際は、作業後に法外な料金を請求されるリスクを防ぐため、「作業にかかる前に見積り額を提示してくれるかどうか」という点もしっかりと確認した上で依頼しましょう。

 

抜けなくなる前の予防が大切、無理な時は業者へ

鍵が抜けない状況になる原因はさまざまですが、完全に抜けなくなる前に「抜けにくくなる」という兆候が出ることも多いので、その段階で鍵穴の掃除や潤滑剤の補充などの対策をしておきましょう。

 

それでも抜けなくなった時は、無理のない範囲で抜き方を試してみて、それでも無理な場合は力ずくで何とかしようとせず、専門業者に任せることをおすすめします。

>>>スタッフ紹介はこちら

鍵のトラブルは業者にお願いしよう

鍵のトラブルは、ある日突然やってくるもの。そのため、実際に身に起きるとパニックになりがちです。

鍵のトラブルにはいくつかパターンがあります。今回は鍵のトラブルの例と理想の対処方法を紹介します。

 

 

鍵のトラブルの種類

紛失、持ち忘れ、故障など、鍵にまつわるトラブルはさまざまなケースが考えられます。ここではそれらのトラブルをケース別でみていきます。

 

鍵を紛失して家や車に入れない

 

家の鍵を無くしてしまった。車に乗ろうとしたら、鍵が見つからなかったなどです。焦っているときほど、見逃しやすくなります。落ち着いて鍵を探しましょう。

 

もし、スペアキーはあるが取りに行けない、誰も届けてくれないようであれば、専門業者に依頼して鍵を開けてもらう必要があります。

 

意図しないロックで閉め出し・閉じ込められる

 

誤ってオートロックをかけてしまったり、何らかの誤作動で家から閉め出されてしまったり、車のインキー、内鍵のトイレや浴室に閉じ込められてしまったというようなトラブルです。

 

閉じ込められてしまったケースは特に緊急性の高くなりやすいトラブルです。閉じ込められてしまった人や動物がいて危険がある場合は、すぐさま業者に連絡して解錠してもらいましょう。

 

鍵が壊れて使えなくなった

 

鍵を踏んで曲げてしまったり、折ってしまったり、あるいは鍵穴にいたずらをされて鍵が差し込めなくなったなどのトラブルがあります。

 

鍵そのものの破損であれば、鍵のコピーを作れば良いのでそう難しくはありませんが、錠前側に問題がある場合は交換が必要になることもあります。

 

 

自分で鍵の修理はできる?

 

鍵や、鍵穴を傷めないように掃除したり、回せるネジ穴を外してはめ直したりという程度なら自分でやっても問題ありません。

ですが、自分で開かない鍵を何とかしようといじることで、余計に状態を悪化させることもあります。

 

例えば、鍵穴になにかが詰まっていると思い、細い形状のものを鍵穴にさしこむと、余計に異物を詰め込んでしまうこともあります。また自分で鍵を取り替えようとして、寸法を間違えると、最悪ドアが閉まらなくなることもあります。

 

このように、状況が悪くなるほど、修理代も高くついてしまうので、手に負えないと感じたら、素直に業者に修理をお願いしましょう。

 

プロに任せよう!

 

お金はかかりますが、鍵のトラブルはプロに任せたほうが安心です。鍵が必要なものというのは、防犯性も大切です。DIYが得意な人などは、鍵の交換だけなら自分でもできそうだと感じるかもしれませんが、肝心の「安全性の高い鍵の見分け方」もプロの方が当然詳しいわけです。

 

自分で作業できるかどうかよりも、安全性の高い鍵を見分けられるかどうかが重要。多少でも不安があるなら、プロに頼んだほうが枕を高くして眠れますね。

 

また、お金を惜しんで鍵やドア、錠前を破損すれば、余計にお金がかかることもあります。

>>>スタッフ紹介はこちら

 

プロならどんな鍵でも開けられる?

電子錠
プロだからといって、どんな鍵でも解錠できるとは限りません。

例えば、電子錠は、アナログな鍵よりも寿命が短いケースがあり、電子基板が壊れてしまえば鍵を交換するしかないこともあります。

また、特殊な形状の鍵であれば、壊さなければ解錠できない可能性が考えられます。

 

ただ、一般的な鍵であれば、素人があれこれ試すよりも早く、そして壊さずに解錠できます。

 

鍵のトラブルはお金を惜しまずプロに任せる

 

鍵のトラブルで多いのは、紛失や意図しないロック、鍵の持ち忘れや破損、また暗証番号の失念などでしょう。

 

急ぐからと自分で鍵をこじ開けて余計に時間とお金が必要になったりすることがあります。また、自分で鍵交換を試みても、防犯に劣る結果になりかねません。玄関の鍵など重要な場所で、業者に頼むお金を惜しんでも良いことはありません。鍵のトラブルは、プロに任せたほうが早く、安全ですよ。

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19