株式会社アクアライン
が運営
東証マザーズ上場
コード:6173
メールでの
お問い合わせ

車の鍵が壊れた場合の修理はどうするか

ノーマルタイプの車の鍵が壊れた場合

車の鍵の故障と一言でいっても、現在ではいろいろなタイプが出ています。まず自分の所有している車のタイプはどれかを考えて、壊れた場合の対処法を考える必要があります。年式の古いものであれば、ノーマルなものであることが多いでしょう。鍵穴に差し込んで回して開けたり閉めたりするものです。この手のタイプは近年ではほとんど見かけません。
このタイプは電池切れで機能しなくなる心配がありません。しかし長年同じものを使っていると、徐々に摩擦によってすり減ってしまうことがあります。その結果、穴に差し込んでも空回りするなど、ドアの開け閉めができなくなることもあり得ます。また力加減を間違えることで、ポキリと折れてしまうこともレアケースながら考えられます。鍵は頑丈に作られていますが、大きな衝撃を加えると曲がったり欠けたりする可能性があります。例えばお尻のポケットに入れっぱなしにして、勢いよく座ってしまった場合曲がってしまう恐れがあります。そのほかにもうっかり地面に落としてしまって、その衝撃で損傷してしまうことも十分考えられます。
折れてしまったら、接着剤などを使ってくっつければまた使えるのではないかと考えている人もいるかもしれません。応急処置にはなるかもしれませんが、しばらく使っていると再度折れる可能性は高いです。そしてもし鍵穴に差し込んだ時に折れてしまうと、その破片が穴の中に入ってしまうこともあります。そうなると分解してその破片を取り出さなければならなくなり、大掛かりな工事が必要となってしまいます。やはり、鍵屋さんなどで速やかに修理の依頼をすることをおすすめします。

リモコンキーが壊れて修理する場合

車の鍵の中でも主流になりつつあるのが、リモコンキーです。従来バージョンのほかにリモコン機能の加わったタイプです。離れた場所からでもドアの開閉ができるので利便性が高いです。中にはワイヤレスキーと呼んでいるメーカーもあるようですが、同じものを指します。一定の範囲であれば、家や店の中からでもロック開閉できるのは魅力です。このタイプでドアの開閉ができるその動力源となっているのは電池です。つまり電池切れを起こすと、操作できなくなることがあります。その場合でも従来の鍵がついているのでこれを鍵穴に差し込んで使えますが、面倒に感じるでしょう。
水没にも注意が必要です。電子機器のため壊れる恐れがあるからです。うっかりポケットの中に入れっぱなしにして洗濯してしまう人もいます。この時しばらくは使えないのですが、しばらくすると一時的に復活することがあります。これは水が本体の内部から抜けたことによるのですが、また故障する恐れがあるので本格的に壊れていないかどうかプロの方に確認してもらったほうがよいでしょう。
落として壊れる場合もあります。リモコンキーは、プラスチックのカバーによって囲まれた構造をしているものが多いため、ちょっとした衝撃でひび割れなどを起こす可能性があります。この場合も修理依頼をしたほうがいいでしょう。たとえ開け閉めがリモコンでできたとしても、ひび割れの部分で指を切ってけがをする恐れがあるからです。

キーレスエントリーのものは修理できるか

近年増加している車の鍵のタイプに、キーレスエントリーがあります。文字通り鍵なしでも車内に入れるタイプです。ポケットやかばんなど身の回りに携帯していると、車に近づいてドアに触れるだけでロックが自動的に解除する仕組みです。エンジンも手元に鍵を持っていれば、ボタンを押すだけで始動できる大変利便性の高い種類です。ただしリモコンタイプよりもさらに電力に頼るところが大きくなります。つまり電池切れを起こすと、車にも入れませんしエンジンをかけることも不可能になります。
ただし電池切れの場合、エンジンだけなら始動できる可能性があります。ボタンに直接押し付けるような感じで押し込んでみます。少しでも電池が残っていれば、微弱な電波がまだ出ているはずで、それをキャッチしてエンジンがかかるかもしれません。もしこれでもエンジンが反応しない場合、電池が完全に切れていると考えるべきです。また別のトラブルを起こしていることも候補に挙がるでしょう。特に水没や地面に落とした場合、その衝撃で内部の電子基板が壊れることがあるからです。これらに心当たりがない、電池切れを起こすほど長く使っていなければ、バッテリーが上がっている可能性も出てきます。
キーレスエントリーは複雑な精密機械の一種です。もし本格的に故障しているのであれば、素人がどうこうできるレベルではありません。トラブルが起きたのであれば、専門の業者を呼んで修理を依頼したほうがいいでしょう。ディーラーにも依頼することができますが、直ったものが手元に届くまでに時間がかかります。一方専門業者であれば、スピーディに修理してくれるのですぐに車を使える可能性も高くなります。

通話料無料 24時間受付

状況をお知らせください!

0120-15-19-19